Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. SUPER BAILARS
  3. 西田茉衣

パーソナルカラーアナリストの秋ネイル

こんばんは♡

みなさん秋になって、
どんな色のネイルをしていらっしゃいますか?♡

ネイルもコーディネートに欠かせない
ポイントになってくれますよね♡

今回はパーソナルカラーアナリストの
私がしているネイルをご紹介します。

肌になじむアクセサリー感覚ネイル

パーソナルカラーアナリストの秋ネイル_1
ゴールドのワイヤーや、羽モチーフを
主体としたデザイン。

そこにシェルや銀箔を少し入れていただき、
上品さもプラスされたクリアベースの
ネイルとなっています。
パーソナルカラーアナリストの秋ネイル_2
ゴールドはイエローベースである、
spring、autumnさんの得意分野。

逆に、ブルーベースである
summerさん、winterさんがするときは
これをシルバー主体にするのがおすすめです。

秋冬になり、autumnさんやwinterさんは
暗いトーンを率先して取り入れて季節感をぜひ
存分に楽しんでほしいのですが、

springさんやsummerさんは、
暗いトーンが苦手分野なので
なんとなく躊躇してしまいがち。。

かといって得意なパステルカラーやブライトカラーは、
なんだか季節感に合わない気がして、
悩んでしまうこともありませんか?

パーソナルカラーアナリストの秋ネイル_3
私もその一人ですが、そんなとき
クリアベースのネイルは季節を限定せず、
モチーフによっては秋冬感もだしてくれる
助け船のようなデザインとなっています♡

例えば、冬になったら
雪のモチーフにしてあげてもかわいい♡
想像が膨らみますね♡

デザインを迷ったときはもちろん、
大事なお仕事や、はじめましての方と
出会う機会などがあり、第一印象を良くしたいときに、
ゴールドとシルバー、自分の似合う色を選んで、
ぜひトライしていただきたいデザインです♡

あえて似合わないを取り入れる 指し色ネイル

パーソナルカラーアナリストの秋ネイル_4
とってもきれいな色味ですよね♡
こちら、少し紫がかった赤に、
茶色をところどころ足して
グラデーションしていただいた
ニュアンスネイルになります。
パーソナルカラーアナリストの秋ネイル_5
かわいい!
だけど、このネイル、
winterさん向けの色になっています。

springの私がなぜこの色を取り入れたのか・・・

それは、むしろ
【指し色でないと取り入れられない色】だからです。
パーソナルカラーアナリストの秋ネイル_6
この写真をご覧いただきますと、
ネイルがアクセントになっていますが
不自然ではないですよね。

でもこれ、トップスで私が着てしまうと、
違和感がすごいんです。。

バランスが悪くお洋服が重く見える、
青みが顔に反射されて元気がなさそう、
派手な印象になる、、、 etc

でも、springだって季節感を味わいたい。。
そんなときにネイルに取り入れます♡
ただし、やはり
【似合わない色】を入れるということは
肌に馴染まず浮いて目立つということ。

なので、ほかのお洋服(特にトップスやコート、
ストールなどお顔に近いもの)は、できる限り
パーソナルカラーのお色を取り入れることが大切です。

その代わり、例えば鞄だったり、パンプスだったりを
同じwinter色にすると、指し色になって映えて、
季節感も出しつつおしゃれに写してくれます♡

似合わない色もあきらめることなく、ぜひ計算して
コーディネートに取り入れてみてくださいね♡

♡まとめ♡

♡パーソナルカラーにあったネイル♡
・初対面の方に会う機会があるとき
・大事なお仕事の商談があるとき
・冠婚葬祭などで悪目立ちしない肌馴染みのいい色にしたいとき
・自分に似合う色をまといたいとき

にオススメ。



♡パーソナルカラーでないネイル♡
・お洋服ではチャレンジできない苦手色を入れたいとき.
・ネイルを目立たせたコーディネートをしたいとき

にオススメ。

そしてパーソナルカラーでないネイルをするときは
普段より一層、お洋服、特に顔まわりに
近いものはパーソナルカラーに合った色を纏い、
小物などでネイルの色と統一感を出すのがポイント

となります。
パーソナルカラーアナリストの秋ネイル_7
乾燥の季節。
ネイルオイルはたっぷりつけて、
一緒に手元美人を目指しましょう♡

そして、もう6年半くらいの付き合いでしょうか・・
フィレールさん、いつも素敵なネイルを
本当にありがとうございます♡♡

Nailsalon Filer


最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン