Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion

低身長さんでもOK!「ガウンコート」を選ぶ時のポイントって?

今年は暖冬だからコートは新調しなくても良いかな、とも思ったのも束の間。
あっという間に冬らしい気温になり、寒い日々がやってきましたね。

寒さが増すと、手放せないのが「コート」。
特に今年は、秋冬は新定番のアウターとして「ガウンコート」が注目を集めています。

ルーズなシルエットのガウンコートは、ミニーサイズにとっては難しいアイテム。
コートの存在感が強いため、ミニーサイズの低身長さんは「着られている感」が出てしまい、着膨れして見えてしまうことも。
そこで、今回は低身長のミニーサイズである私が、ガウンコートを選ぶ時に意識したポイントをご紹介します!

まず、私が今年選んだガウンコートがこちら。
ESTNATION(エストネーション)のガウンコートです。
定価は6万円近くするそうなのですが、ZOZOTOWNでセールをやっており30%だったのに加え、ポイントがたまっていたので、半額以下でゲットしました。
ブラック・アイボリー・グレーの3色展開だったのですが、私は手持ちの服と合わせやすいようにグレーを選びました。

私がこのガウンコートを選んだポイントは3つ。
では順番にご紹介していきます!

1.首元がすっきりしていること。

色んなブランドさんのガウンコートをチェックしたのですが、私が一番重要視したことが「首元がすっきりしていること」。

中にはフードやファー付きのデザインもあり、とっても可愛かったのですが、私は153cmで髪の長さもロブなので首元に装飾があると途端に「着られている感」が出てしまいます。

ESTNATION(エストネーション)のガウンコートは、存在感のある大きめな襟がついていますが、直線感が強めの襟なので、首元をVラインで綺麗に見せてくれます。

2.オーバー気味の肩落ちデザインであること

低身長のミニーサイズさんが「着られている感」が出てしまうのは、サイズ感が合っていない時。中でも肩幅って特に難しいですよね。なかなかぴったりデザインに巡り合うのが難しいです。

そんな時は、オーバー気味の肩落ちデザインを選ぶのがおすすめです。
肩を落としたデザインが今っぽいのはもちろんのこと、最終的に袖のサイズさえ調整すればぴったりサイズに見えるんです!
肩幅がぴったりのコートがないなら、肩落ちデザインを選ぶ!という逆転の発想。。
意外としっくりきて、「着られている感」が無くなるので本当におすすめです。

3.裾が広がっていること

ガウンコートって本当に色んなシルエットがあって、ストーンとしたストレートっぽい形や、裾が若干内側に沿って丸くなっているコクーンっぽい形など、本当に様々です。

私は裾が広がっているガウンコートを選びました。
歩くたびに裾が広がり可憐な雰囲気が出ますし、全体的にすっきりと見せてくれます。

いかがでしたでしょうか?
寒さが本格化する12月末〜1月は、アウターが全体のコーディネートを決めると言っても過言ではありません。
低身長のミニーサイズさんで、ガウンコートの購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。