Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. エンタメ

青年医師の成長に思わず涙! ドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」から目が離せない!

若手人気俳優、フレディ・ハイモアによるサヴァン症候群の青年医師役が話題の医療ドラマ「グッド・ドクター 名医の条件」。静かながら力強い演技が評判を呼び、ハマる人続出!と噂の本作の魅力を、本誌の映画コラムでもおなじみのライター、イマサンがナビゲート!
©2017, 2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

純粋な青年医師と周囲の人々が織りなす人間ドラマ

 日本でも医療ドラマは人気がありますが、アメリカでも医療ドラマは鉄板中の鉄板ジャンル。手術シーンの臨場感が画期的だった『ER緊急救命室』から、「患者は嘘をつく」がモットーのアクの強い医師が主人公の『Dr.HOUSE』、これでもかと恋愛を重視した『グレイズ・アナトミー』まで時代時代でトレンドを作りながら、毎シーズン複数の医療ドラマが誕生しています。そんな中、新たなロングランシリーズとなりそうなヒットを記録しており、評論家からの高い評価も獲得しているのが「グッド・ドクター 名医の条件」です。
©2017, 2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
本作は韓国ドラマ「グッド・ドクター」のハリウッド版。驚異的な記憶力と洞察力を持つサヴァン症候群で自閉症の青年医師ショーン・マーフィーが、差別や偏見と向き合いながら医師として、人として成長していく姿を描いた感動ドラマです。これが実に王道の作りで嫌味がなく、涙を誘われるシーンの連続! 他者とのコミュニケーションがうまく取れず、”空気が読めない人(読まない人)”ぶりをユーモラスに、時に痛々しくもありつつ思わずホロリとさせられる。それはきっと、誰もが多かれ少なかれ、ショーンのように社会において疎外感や居心地の悪さ、あるいは他者との関わりに何らかの問題を感じているからではないでしょうか。
©2017, 2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
本作で初のプロデューサーをつとめる主演のフレディ・ハイモアは、映画『チャーリーとチョコレート工場』の子役で一躍有名になり、往年の名画『サイコ』の前日譚を描くサイコサスペンス「ベイツ・モーテル」の主演としても高く評価されました。2018年に本作のPRのために来日したハイモアにインタビューした際には、本作の魅力について「テレビをつけてもネガティブなことばかり。だから、ショーンの持つ希望的で楽観的な部分やできるだけ人のいいところを見るという資質、基本的に幸せでポジティブであるという要素が、視聴者の安心感と共感を得られているのだと思う」と語っていました。
©2017, 2018 Sony Pictures Television Inc. and Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
アメリカではトランプ政権のもと、かつてないほどの政治不信と不安が蔓延しています。そんな中でショーンの純粋さと率直さ、また彼を取り巻く人々が反発したり戸惑いながらもショーンを受け入れていく過程は、優しくあたたかな感動にあふれており、多くの視聴者の共感を呼んでいます。同時に、誰もが公平にチャンスを与えられるべきだというメッセージは人々に希望を与えるものであり、この番組自体が”ダイバーシティ(多様性)”を伝えている点が非常に優れた作品であると言えるでしょう。
2017年秋スタートのUSドラマで最高視聴率を獲得した本作は、日本でもこれから話題になること間違いなし! 「グッド・ドクター名医の条件」は1月19日よりシーズン1がDlifeで無料放送中です。ぜひお見逃しなく!
20代〜30代女子の視聴者急増中、“Dlife”とは?
海外ドラマや映画、ディズニーアニメーションが無料で視聴できるBSテレビ局。チャンネルを合わせるだけで視聴OK。登録不要で手軽に楽しめるとあって、20代〜30代女子の視聴者が急増中。魅力あふれるラインナップはぜひサイトをチェック!
グッド・ドクター名医の条件
(二)毎週土曜日 22:00~23:00
(字)毎週土曜日 27:24~28:10
全国無料のBSテレビ局・Dlife
(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)

映画ライター イマサン
海外エンタメが大好きなライター。洋画を中心にハリウッドから日本の撮影現場の取材や多くの俳優・監督などへのインタビューをこなし、アメリカでの現地取材も多数。また、DVD・放送作品の海外ドラマのオフィシャルライターも多数つとめる。毎月、本誌の映画コラムでイマサンが選ぶ作品は、どれも「観てよかった!」と思えるものばかり!

取材・文/今祥枝

Rankingランキング