Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. 婚約指輪・結婚指輪

シンプルすぎないからこそ長く愛せる。“私らしさ”を確立してくれたリング【10年計画で楽しむリング③】

結婚後もなお、輝き続ける素敵先輩のマリッジリングを拝見! 少しデザイン性のあるリングは、デイリーにはもちろん、オケージョンスタイルにも相性バツグン。10年先も楽しめるリング選びのコツとは?

ショールーム セッションPR 最勝久美子さん
マリア ブラックやサヤカ デイヴィスをはじめとした人気ブランドの敏腕PR。ジュエリーに造詣が深くエディターからの信頼も厚い。

マリッジリングはこれ

シンプルすぎないからこそ長く愛せる。“私らしさ”を確立してくれたリング【10年計画で楽しむリング③】_1
ブシュロンのファセットリング
「王道のタイプよりも少しデザイン性のあるリングが好みだったのと、夫も毎日つけられるものにしたかったのでユニセックスな雰囲気のファセットを選びました。上品でいてグラフィカルなデザインは肌なじみがいいのに、普段のスタイルを無難に見せないところが素晴らしい。年を重ねるたび、ますます私らしい存在になっていく気がします」

+デイリースタイル

シンプルすぎないからこそ長く愛せる。“私らしさ”を確立してくれたリング【10年計画で楽しむリング③】_2
しゃれ見えをかなえる大胆な地金ミックスを
「デイリーでは地金はあえて統一せず、ミックスするのが好き。ファセットはきゃしゃすぎないのでトレンドのゴツめのリングとも好相性。仕上げはタンク ルイ カルティエの腕時計で大人の風格をプラスして」。(右から)タプレイのバングル、カルティエのタンク、ザ レタリングのリング、ソフィー ブハイのリング、タプレイのリング/最勝さん私物

+オケージョンスタイル

シンプルすぎないからこそ長く愛せる。“私らしさ”を確立してくれたリング【10年計画で楽しむリング③】_3
ジュエリーウォッチや色石でスペシャル感を添えて
「フォーマルらしく華やかさを重視。ダイヤの繊細な輝きがエレガントなムードを盛り上げます」。(右から)マリハのダイヤブレスレット、ヴァン クリーフ&アーペルのアルハン ブラ ウォッチ、ヒロタカの2連風リング、マリハの色石リング、ヴァン クリーフ&アーペルのダイヤリング、マリア ブラックの細リング(2種)/最勝さん私物
撮影/魚地武大〈TENT〉 取材・文/野崎久実子

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン