Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. グルメ

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!

カルビーの超人気スナック「じゃがりこ」にお湯を加え、ポテトサラダにアレンジして食べるレシピがTwitterを中心に大人気ですが、それをカルビー本家が新製品「じゃが湯(ゆ)りこ ポテトサラダ」として公式にリリースし、大きな話題になっています!

ユーザー発レシピを本家がガチで商品化しちゃった「じゃが湯りこ」!

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_1

この「じゃが湯りこ」は、カルビーが毎年10月23日の「じゃがりこの日」に合わせて行う「じゃがりこPOWER WEEKS」キャンペーン第3週に発売された新商品。じゃがりことしてもポテトサラダとしても楽しめる2WAYじゃがりことして、各コンビニエンスストアにて、首都圏&関東エリアから全国へと順次先行発売中の商品なんです。筆者はファミリーマートで購入し、¥173(+税)でした。

1.カルビー公式「じゃが湯りこ ポテトサラダ」って?

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_2

そもそも「じゃが湯りこ」が誕生した背景は、一部の「じゃがりこ」ユーザーが「じゃがりこ」にお湯をかけてつぶし、ポテトサラダ風にして食べるアレンジレシピがTwitterを中心にバズりまくっているのを知ったカルビーが、ユーザー発の食べ方をヒントに本格的な商品化に踏み切ったのがはじまり。今回ご紹介する「じゃが湯りこ」は、10月にファミリーマート(一部店舗を除く)で限定発売された「じゃがりこ de ポテトサラダ」の後継商品です。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_3

「じゃがりこ」シリーズの新しいアルパカのキャラクター「ぽて ゆりこ」が、ポテトサラダの作り方を可愛くナビしてくれています。カロリーは1パック約238kcalとちょっと高めですが、サイズ的にはおやつとしてはもちろん、ランチや夜食にもぴったりの量。コンビニで購入されるときは、くれぐれもスプーンかフォークをもらうのをお忘れなく。

2.「じゃがりこ」と「じゃが湯りこ」を比べてみた

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_4

左が「じゃがりこ」で最もメジャーなフレーバーであるサラダ味、右が「じゃが湯りこ」です。「じゃが湯りこ」のほうが一回りほど大きいサイズ。コンビニでは「じゃがりこ」も「じゃが湯りこ」も、同じスナック菓子の棚に並んで置かれていることが多い印象です。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_5

オープンtheフタ~! 左が「じゃがりこ」サラダ味、右が「じゃが湯りこ」です。「じゃが湯りこ」のほうが、パッケージは大きいのに量は少ない印象なのですが、それには理由があって(続)→

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_6

スティックを比べてみました。左がじゃがりこ、右がじゃが湯りこです。じゃが湯りこのスティックは、お湯を入れた後にかき混ぜやすくなるよう、通常のじゃがりこの約2/3の長さなのだそうです。どちらもそのままでじゅうぶんおいしくいただけますが(バリボリと)、せっかく&お湯を注ぐだけの超簡単プロセスなので、ポテトサラダを作ってみましょう。

3.お湯を入れて混ぜるだけ「じゃが湯りこ」を作ってみよう!

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_7

「じゃが湯りこ」はじゃがいも(遺伝子組み換えでない)ベースの生地に、北海道産スイートコーン(セールスポイント!)、ベーコン、にんじん、パセリ、オニオンの具材を練り込んで作られています。さまざまな具材のうまみがギュっと凝縮しているので、「じゃがりこ」としてそのままでも、ポテトサラダとしても、どちらでもコクのある味わいが楽しめます。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_8

では、ポテトサラダを作ってみましょう。まず、沸騰したお湯を約80ml注ぎます。カップの内側に目安となる線があるので量を厳守。お湯を入れすぎると仕上がりがペチャっと水っぽくなるようなので注ぎすぎに注意していただくと◎。じゃがりこ特有の“バリバリした食べ応え感”を少しでも残したい人は、お湯気持ち少なめのほうがおいしくできそうです。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_9

お湯を注いだら、フタをして3分ほど待ちます。ワクワク。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_10

3分経ったあとの「じゃが湯りこ」たち。短めスティックがお湯を吸っていい感じにふやけています。これをマッシュして(つぶして)いきましょう!

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_11

「じゃが湯りこ」は、ポテトサラダとして作りやすいように生地に練り込んである具材の種類や量を調整してあるので、女性でも力を入れずにサクサク混ぜることができます...あっ、繰り返しになりますが、コンビニで「じゃが湯りこ」を買うときは、スプーンかフォークをもらうのを忘れないでくださいね。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_12

お好みの粒の大きさになるまで混ぜます。筆者は「じゃがりこ」のザクザク食感が大好き&残したいので、粗めにマッシュ! このままスプーンorフォークを突っ込んで即いただけちゃうのですが(続)→

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_13

せっかくなので小皿に盛りつけてみました。実に彩り豊かなルックスなので、こうなるともう本格的な手づくりポテトサラダレベルです。「これ、実はじゃが湯りこなんだ~!」とこちらから自主的にネタバレしない限り、じゃが湯りこで作ったポテトサラダであるなんて誰も気づかないと思います!

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_14

ほくほくのじゃがいもに、ベーコンのピンク色、にんじんのオレンジ色、パセリのグリーンなどがきいています! コンソメ風味とミルク風味にスイートコーンの甘みが合体したような、とってもマイルドな味わいです。また、原材料には含まれていませんが、不思議とマヨネーズを思わせる風味もふわり(ポテトサラダを作るときにマヨネーズ入れますよね)! これは美味い!!

4.元祖! SNSでバズった「じゃがりこ」でポテトサラダを作ってみる

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_15

ユーザーフレンドリーなカルビーさんに敬意を表しつつ、本家「じゃがりこ」でもポテトサラダを作ってみます。

「じゃがりこ」のパッケージは耐熱容器ではないので、ちょっと冷ましたお湯を使います。まずは40ml(底から2㎝くらい)程度のお湯を入れてフタをし、1分ほど待ちます。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_16

お湯に浸かっている「じゃがりこ」の下パーツがふやけてきているので、そこを中心に混ぜ始めます。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_17

本家「じゃがりこ」は「じゃが湯りこ」よりも固くて長いので、お湯を注ぐのを2段階に分けます。下をほぐしたら、カップの2/5くらいまでお湯を追加し、またフタをして2~3分待ちます。

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_18

筆者は「じゃがりこ」のザクザク食感を残すべく、お湯少なめ・時間短め・混ぜ方粗めでマッシュスタート! 混ぜ終わったらもちろんこのまま食べられますが(続)、

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_19

これもせっかくなので小皿に盛りつけてみたら、やはり「じゃがりこ」で作ったとは思えないハイクォリティのポテトサラダが完成(以下「じゃが湯りこ」と同文)!

5.「じゃが湯りこ」VS「じゃがりこ」食べ比べ!

お湯を注ぐだけで簡単おいしい【じゃが湯りこ VS じゃがりこ】ポテトサラダ食べ比べ!_20

左が「じゃが湯りこ」で作ったポテトサラダ、右が「じゃがりこ」サラダ味で作ったポテトサラダです。食べ比べた結果、結論としてはどちらもまるで、いちから本格的に手づくりしたポテトサラダ並のレベルでおいしいです! 世の中に流通しているあらゆる「じゃがりこ」フレーバーでポテトサラダを作ってみたい衝動に駆られております。そのレポートはまた次の機会に!! オフィスの給湯器でも、店頭にポットのあるコンビニの店先でも、短時間で簡単にできます! みなさまもぜひ「じゃが湯りこ」「じゃがりこ」でポテトサラダ、試してみてくださいね。

カルビー公式【じゃがりこWeb】へ

取材・文/沖島麻美 ※文章には個人の感想が含まれます。 ※「じゃが湯りこ」の容器は耐熱性ですが「じゃがりこ」の容器は非耐熱性です。熱いお湯を使う際は、別の耐熱容器に移してから調理されることをおすすめします。

Feature特集