Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

桐谷美玲が女らしく着こなす「ダウンジャケット」

「今までは防寒のために着ていたダウンを、もっと日常でファッショナブルに取り入れたい」という美玲さん。きれいめな着こなしに意外なほどマッチする、都会派ダウンジャケットを次の一枚に。

黒はシルエットも着方も“今どき”を意識。上品セットアップも瞬時にこなれる

黒はシルエットも着方も“今どき”を意識。上品セットアップも瞬時にこなれる

体が泳ぐオーバーサイズの襟元を少しだけゆるっと“抜いて”。今っぽいディテールの積み重ねが、存在感のある黒ダウンをコーディネートになじませしゃれさせるポイント。ほどよい抜け感が女らしいムードもさりげなく後押し。「黒はトレンド感を重視すると今っぽくスタイリッシュに着られるんですね!女らしいセットアップをハズす感覚で羽織るのも好きなバランス。モノトーンでまとめると圧がすごそう(笑)なので、こんなニュアンスカラー合わせが大人っぽくて素敵です」。

ダウンジャケット¥105000/ワンオー(ムーングース) ニット¥29000/セオリー リュクス シャツ¥54000・スカート¥76000/マディソンブルー ピアス¥17000・リング¥18000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥16000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(サンドラ ロバーツ) 靴¥115000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

細身のベージュがひときわ女らしい。ラテカラーで今年らしい仕上げを

細身のベージュがひときわ女らしい。ラテカラーで今年らしい仕上げを

女らしさを高めるなら、やわらかなベージュという選択も。パンツ合わせでクリーンにまとめれば、仕事、女子会、デートとオールマイティに映える。「絶妙な細さで表側にステッチがないから、意外なほどきれいめ。全身トーンをそろえればシンプルなのに洗練されますね。ベージュのダウンは初めてだったけど、すごくいいかも!」。

ダウンジャケット¥65000/グリフィンインターナショナル(ピレネックス) ニット¥16000/ノーク(ノーク ザ ライン) パンツ¥19000/ジェット ルミネ新宿店 ルミネ2(ジェット ロサンゼルス) ピアス¥69000/エスケーパーズ(ソフィーブハイ) 左手リング(人さし指)¥25400・(中指)¥22700/シップス 有楽町店(ナタリー シュレッケンベルグ) 右手リング¥90000/イセタンサローネ 東京ミッドタウン(ヴァガス) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

まずは黒以外のダウンからトライ

寒い国に行くときの防寒用、冬のロケ撮影でスタイリストさんが用意してくれるロケジャン”、私にとってダウンはそんな存在。春に訪れたニュージーランドにも持っていったけど、とりあえず寒いから着とこう、みたいな(笑)なんだろう、バランスが難しいのかな。メンズっぽくなりすぎたりスポーティすぎたり、着られちゃう感じがして。ファッション撮影で着ることも多いので、ここ2〜3年でバリエーションが増えてきて、いろんな着方ができるなぁと感じてはいるのですが、やっぱりまだまだ遠い存在。だけど今日2枚のダウンを着てみて、想像を超えた大人っぽさに感動。存在感の強い黒は最後のゴールにとっておいてまずは黒以外のダウンからトライしていこうと思います!

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perlemanagement〉 スタイリスト/松村純子 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載 

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン