Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. 30歳美容

絵美里のヘルシー美BODYのヒミツ【バイラモデルズ・あか抜けビューティのつくり方②】

「キレイは一日にしてならず」。ストイックに体づくりをしていた20代を経て、マイペースなセルフトレーニングに行き着いたバイラモデルズの絵美里。ヘルシー美BODYのヒミツに迫ります。

自分のペースを大切にすることで、心身ともに健康的な巡りのいい体へ

絵美里のヘルシー美BODYのヒミツ【バイラモデルズ・あか抜けビューティのつくり方②】_1

「ストイックに体づくりをしていた20代を経て、今は食べたいものを食べつつ、マイペースにできるセルフトレーニングに行き着きました。でもそれは、20代で培った体の知識や経験があるからできているのかも。体型キープ期でもある今は、体に余計なものをため込まないよう、代謝を上げることを常に意識。朝晩湯船につかったり、時間があったら走ったり、股関節をストレッチしたり。巡りのいい体にするだけで、体はもちろん、肌のコンディションもUP。気持ちも自然と前向きになれるんです」

絵美里のあか抜けビューティ年表

【中高・大学時代】バスケットボール部に所属

ダイエットとか気にしたことがなかった筋肉質時代

【24歳】ミス・ユニバース・ジャパン代表に専属トレーナー、栄養士がつき、合宿生活

“ロングドレスが似合う体”を目指してハードに鍛える

【27歳】モデル活動をスタート1年かけて筋肉を落とす

筋肉がつきすぎて、国内の洋服が入らず体重を落とす

【20代後半】毎日ジム通い&食事制限

きゃしゃな体を目指して、ストイックに食事制限も

【30代】マイペースでトレーニングや食事をするように

無理して体づくりをしても、続かないと気づく

【35歳現在】キープ期

時間があれば走る、ジムはだいたい週3のペースに

絵美里のヘルシー美BODYのヒミツ【バイラモデルズ・あか抜けビューティのつくり方②】_2

ニット¥9000/リリー ブラウン ルミネエスト新宿店(リリー ブラウン) ショートパンツ¥36000/マディソンブルー ネックレス¥59000/ロペ エターナル アトレ恵比寿西館店(ソフィ ブハイ) 靴¥24000/アダムエ ロペ(スペルタ)

Q ボディづくりで大切にしていることは?
A ストイックになりすぎない
「“これをしなきゃいけない”と自分をしばると、かえってしんどくなってしまうので、ジムではトレーナーもつけず、マイペースに。ミス・ユニバース時代に身につけたワークアウトや筋肉の知識があるので、その日の気分で引き締めたいパーツを決めてトレーニング」


Q 美ボディのために意識していることは?
A 巡り!
「むくみや冷え、コリなどの体の不調は、巡りを改善することでわりと解決。体を温めたり、ストレッチや有酸素運動をしたりと、滞らないよう日々意識。朝は冷えないよう白湯ですが、毎日2ℓ以上のお水も飲むようにしています」


Q 毎日の美習慣を教えて!
A 朝晩の半身浴
「ミネラル豊富なバスソルトを入れて、汗をかきながら読書するのが日課。時間があるときは20分、早朝集合の日でも、最低5分は湯船につかるように心がけています。朝晩入浴するようになったら、血色や肌ツヤもよくなり、むくみも解消。冬の寒いロケ日でも、朝からコンディションよくいられます」

絵美里のヘルシー美BODYのヒミツ【バイラモデルズ・あか抜けビューティのつくり方②】_3

解毒作用の高い精油を配合。レモングラスの香りで軽やかな気分に。ライトアップ バスソルト 285g ¥2500/SHIGETA Japan

Q 食生活で気をつけていることは?
A 帳尻合わせ
「甘いものも好きだし、朝昼は撮影で外食することが多いから、基本的に食事制限はせず食べたいものは食べています。とはいえ、夕飯はなるべく自炊で、タンパク質&野菜は意識的にとり、炭水化物は控えめに。食べすぎちゃったかな?という次の日は、野菜スープなどでバランス調整しています」


Q ボディづくりに欠かせないコスメを教えて!
A ステムボーテで保湿&代謝UP!
「肌代謝の活性化を促す成分を配合していて、塗るだけでも巡りがよくなるように感じます。全身使えるので、お風呂上がりにはまずこれを全身へ。サラッとジェル状なので滑りよく、マッサージしながら塗ればさらに効果的。保湿力も高いので、旅先にも持っていくほど欠かせない存在」

絵美里のヘルシー美BODYのヒミツ【バイラモデルズ・あか抜けビューティのつくり方②】_4

ヒト幹細胞由来成分配合。肌の再生力を高める。ステムボーテ フェイス&ボディローション 180㎖ ¥12037/エムコーポレーション

Q むくみが気になったときの解消法は?
A 寝る前ストレッチ
「寝る前に必ず行っているのが、股関節のストレッチ。太もものつけ根は、いちばん大きいリンパや血管が集まる場所。ここをきちんとほぐすことで、巡りもよくなり、むくみや下半身太りの解消をアシスト。それでも脚の重さを感じる日は、足先をストレッチポールに乗せて、脚の位置を高くして寝ています」


Q ボディづくりでモチベーションが下がったときは?
A 走る!
「近所の公園まで走って、ベンチでボーッとする時間をつくる。それだけでも頭の中がリセットされて、いい気分転換に。それでも気分がアガらない場合は、我慢せずに好きなものを食べて、すぐ寝ちゃう。そうすると、次の日には、昨日楽しんだし、今日はちょっと頑張ろうかなという気持ちに」

撮影/吉田崇〈まきうらオフィス〉、富田 恵(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/百々千晴 取材・原文/谷口絵美 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉 ※BAILA2020年1月号掲載 

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン