Magazineマガジン

  1. TOP
  2. 生理

【生理の基礎知識 まとめ】知って安心!経血、生理痛の疑問や最新サニタリーグッズ

なんとな〜くイヤな気分になってしまう生理。でも、本当はうれしいことなんです。生理がくるメカニズムや、経血・生理痛の疑問に産婦人科医が回答。不快感を軽減するサニタリーグッズもチェックして。

回答してくださったのは

※記事発信時点での情報のため、アイテムの価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。

1.生理の基本

最初におさらい! 生理のメカニズム

生理とは二つの女性ホルモンにより起こる不要な子宮内膜の排出

まず、女性ホルモンのエストロゲンの分泌により排卵が発生。その後、もうひとつのホルモン・プロゲステロンにより体が妊娠の準備を開始、子宮内膜が厚くなるなどの変化が。妊娠しなかった場合、二つのホルモンの分泌が減少し、厚くなった子宮内膜が不要になるため、はがれて腟から排出。これが生理(=月経)!

①エストロゲン

①エストロゲン

排卵するために必要なホルモン。初潮から閉経まで、卵巣から出る。コレステロール値を低く保つ、血管の弾力性を保つなど、健康キープにも役立っている。

②プロゲステロン

排卵後に出る、妊娠を継続させるためのホルモン。妊娠してなくても出る。体を温め、皮膚や大腸の壁に栄養や水分をため込む。むくみや便秘の原因にもなる。

③低温期

月経が始まるころから排卵日まで続く体温が低い時期。エストロゲンの働きで、高温期より体や心の調子がよくなりやすい。

④高温期

プロゲステロンによって、体温が上がっている期間。排卵日から約14日間続く。低温期と比べて約0.3〜0.6℃体温が上がる。

Q.毎月生理がくるのが憂うつです

A.エストロゲンがちゃんと出ることは健康や美容にとってとても大切なことですよ

「生理がくるのはエストロゲンが出ている証拠! このホルモンはお肌の調子を整えたり、髪をきれいにしてくれたりする大切な存在。しかも、数多くあるホルモンのなかで、きちんと出ていることをお知らせしてくれるのは女性ホルモンだけ。“正しいサイクルでホルモンが出ていると確認できた”と考えて、ポジティブに受け止めて」(高尾先生)

Q.妊娠したいわけじゃなくても基礎体温ってつけるべき?

生理の基本をおさらい

A.記録があるから病気に気づけるもの。基礎体温、せめて生理期間はメモして

「記録があれば、体調不良になったとき、排卵がちゃんと起きているか、起きていないならいつまであったのかなどを確認できます。診察時には、そのときに子宮や卵巣が腫れてないかなどの臓器の異常のチェックしかできず、女性ホルモンのサイクルが正常かどうかはわからないんです。基礎体温をつけるのが難しくても、生理がきた日と終わった日くらいはメモしておいてくださいね」(高尾先生)

2.経血について

Q 経血の量はどれくらいが正常なんでしょうか?

夜用ナプキンが1回でいっぱいになるなら多すぎ

A 夜用ナプキンが1回でいっぱいになるなら多すぎ

正常な月経量の目安は50〜150g。と、いわれてもそれが一体どれくらいなのかわからない!「一般的な頻度でナプキンを変える際、1回で夜用ナプキンがいっぱいになると多すぎですね。しかし、“多くて困る”と本人が思えばそれは過多月経(出血量が多い月経)。多いと感じたら、婦人科で相談してみてくださいね(」高尾先生)

Q レバー状の経血が出る。怖い

A 塊が出ること自体は問題なし。大きすぎるサイズは危険信号

「経血は血液だけでなく子宮内膜が含まれているので、塊状になることもあります。また、体の中の管を通って体外に排出されるものなので、姿勢によって、多少滞ったり、あとから一気に出てきたりすることも。なので、500円玉サイズまではほとんどが問題ありませんが、不安な方は一度婦人科を受診しましょう」(高尾先生)

Q 最近、経血の量が減った、増えた。これって病気のせい?

増えた→子宮筋腫や内膜症などのサインかも
減った→心配の必要はあまりないけれど、無排卵月経の可能性が考えられます

「量が多い生理は、注意したほうがいいですね。子宮筋腫や子宮内膜症などの病気による過多月経の可能性があります。減るのはあまり心配はありませんが、充分量のエストロゲンが出ておらず、排卵がきちんと起こっていないのに少量のみ出血することも。できれば基礎体温を記録し体温に差があるか確認を」(高尾先生)

Q 生理期間外に不正出血があります

A 排卵期でもないときの出血は病気のリスクがあるので今すぐ婦人科へ

「実は、子宮頸がんやクラミジア感染なども不正出血を認めます。異常と扱われない不正出血は排卵日とその前後数日に起きる中間出血のみ。それ以外の出血はポリープや病気の可能性があるので検査がマストです。婦人科検診を受けていない方はすぐ病院へ!」(高尾先生)

Q 生理のときの出血がダラダラ続いてしまいます

メリハリのある出血が正常な生理

A メリハリのある出血が正常な生理。無排卵月経の可能性も考えられます

「生理は3〜7日程度の期間に、メリハリのある出血があるもの。量の変化がなくダラダラ続くのは排卵のある正常な生理ではないことも。出血が7日以上続く場合は、無排卵月経の可能性もあるので、できれば基礎体温などの記録を持って婦人科を受診してみてください」(高尾先生)

Q 月によって経血量や痛みにムラがあるのはなぜ?

A 生理がくる前までの健康状態のサイン。ストレスが影響している可能性も

「卵巣から女性ホルモンを出す指令は脳の視床下部から出ていますが、視床下部はストレスをキャッチする場所でもあります。ですから、生理前の期間に精神的ストレスや睡眠不足などがあると視床下部に負担がかかり、月経の状態も変化するんです。生理前1〜2カ月間の生活に何かしらの原因がある可能性が大いにあります」(高尾先生)

3.生理痛の疑問

Q 生理って痛くて当たり前ですよね?

痛みがある時点で我慢せず婦人科を受診していいんです

A 痛みがある時点で我慢せず婦人科を受診していいんです

「生理痛がある人は少なくはありませんが、我慢する必要はありません。対処法がわかれば楽になる人もいるので気軽に相談に来てください」(上田先生)、「マヨネーズをぎゅっとしぼるのを想像してください。生理は小さな穴から出てくるもので、押し出すために子宮が収縮するため痛むんです。“痛くて当たり前”と思わず、ケアをしましょう」(高尾先生)

Q 生理痛薬は飲まないほうがやっぱりいいのでしょうか?

A 痛くなる前に飲むくらいがちょうどいいんですよ〜!

「毎周期、必要な時期に数日だけ飲むぶんにはまったく問題ありません。痛み止めの使い方は、鎮火と同じ。火が大きくなる前、痛み始めですぐ飲みましょう。薬が苦手ならば、漢方もおすすめ。専門家に処方してもらうのがいいですが、市販の当帰芍薬散や桂枝茯苓丸をまず試してみてもいいかもしれません。体に合えば効きますよ」(上田先生)

Q 薬以外で生理痛を緩和させる方法はありますか?

A 「冷え」対策や、ハーブ、アロマなど、自分に合うものを探して

「冷えを改善すると生理痛がやわらぐ方もいます。なるべく体を温め、極端な糖質制限も控えましょう。糖質は熱の生産に必須ですから。チェストツリーなどのハーブも効果があるとされています。あとは、なるべくリラックスすること。ゆっくり眠ったり、ラベンダーやサンダルウッドなどのアロマセラピーもおすすめですね」(上田先生)

ビタースイートなエッセンシャルオイル

(左)ビタースイートなエッセンシャルオイル

芳香浴やバスオイルに。クラリセージ・オーガニック5ml ¥4600/ニールズヤードレメディーズ

(右)深みとコクのあるほのビター味

女性のリズムをサポートするカフェインフリーのハーブティー。コスメキッチンエルボリステリアティザンヌチェストベリー100g ¥2600/コスメキッチン

4.サニタリーグッズ

「月経中は普段以上に陰部がデリケートになります。いちばんいいのは、経血をほとんど触れさせない月経カップを使用することですね。オーガニックのナプキンなども肌が荒れにくいです。また、毛が刺激になるので、脱毛も効果的。蒸れが軽減され清潔に保てます。肌に負担の少ない医療脱毛がベストです!」(上田先生)

フルムーンガールレギュラー

アジア初&発の月経カップは台湾生まれ。小ぶりで取り出しもしやすい設計。フルムーンガールレギュラー ¥6000/アジュマ

試してみました!「慣れるまでは戸惑うけど、まったく漏れず、生理だと忘れるほど快適! 愛用決定」(ライターH)

オーガニックコットンを使用した日本製ナプキン

オーガニックコットンを使用した日本製ナプキン。石油由来の高分子吸収材や塩素系漂白剤不使用。シシフィーユ 生理用ナプキンふつうの日用 24個入り ¥600/パノコトレーディング

試してみました!「内側が汚れても、外には一切広がらない安心感!デザイン性の高さも魅力」(ライターH)

経血を吸収する4層構造のショーツ

経血を吸収する4層構造のショーツ。量の少ない日はナプキンいらず、多い日は他アイテムと併用で安心。THINX ショーツ¥4500/エミリーウィーク ルミネ池袋店

試してみました!「肌あたりがやさしく、つけていて気持ちがいい。量の少ない日もこすれが気になりません」(編集スガコ)

イラスト/mio.matsumoto  取材・原文/東 美希 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン