Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. Lifestyle

飾らない・盛らない・卑下しない。禅から学ぶ【図太道のススメ】

気がやさしく人間関係に気疲れしがちな人こそ「図太道」が必要なんです! 禅の思想と伝統文化に根ざした「禅の庭」の創作活動を行い、国内外から高い評価を得ている曹洞宗徳雄山建功寺住職・枡野俊明さんに、禅から学ぶ「図太道」の極意を教えてもらいました。

「図太道」とは?

図太道とは…飾らない・盛らない・卑下しない。あるがままの自分を肯定する

実は、僧侶は皆「図太い」んです。「真の図太さ」とは、生きていくうえで心を強く持つための源流。つらいことに押しつぶされないたくましさ、折れないしなやかさ、おおらかさ。これらはすべて「図太さ」という土壌の上に培われるもの。


その基盤となるのが、“あるがままの自分”を肯定することです。


SNSに代表される情報過多の昨今“、盛る”という言葉がありますが、“普段の自分よりも高く、よく見せたい”という潜在意識が働いているとすごく疲れますよね。会社でも、周囲の全員にとっていい人でいようとすると、それぞれAさんに合う自分、Bさんに合う自分を演じなければならず際限がありません。


禅には、包み隠さずすべてがあらわになっているという意味の「露(ろ)」という言葉があります。自分のやるべきことに集中して自分を磨き上げ、誰に対しても同じつきあいをしていく。すると相当気持ちは楽になります。もちろん人間関係は複雑ですから、文字どおりの「露」でいることは難しいかもしれませんが、お互いに違いを認めながら理解しあえる関係の第一歩はやはり「あるがままの自分で周囲と接すること」だと思います。

【禅から学ぶ図太道の極意】

一、自分を高く・よく見せようと無理をしない

二、やるべきことに集中したらあとは気にしない

三、疲れたらオフィスでできる“椅子坐禅”を

飾らない・盛らない・卑下しない。禅から学ぶ【図太道のススメ】_1

3STEPで椅子坐禅

1.背すじをまっすぐ伸ばし浅く椅子に腰かける

2.手を組み合わせて、目線は1.5m斜め下に

3.おへその下の“丹田”を意識しゆっくり深呼吸

イラスト/平松昭子 取材・原文/佐久間知子 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2020年2月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン