Magazineマガジン

BAILA6・7月合併号 試し読み

BAILA6・7月合併号 試し読み

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【クロゼット診断】〈リバウンド型〉は「色分け」して買い物の指針に!

捨てる服より買い足す服の方がいつも多くなるという「リバウンド型」クロゼットの代表・下里朋美さん(スーパーバイライーズ)。スタイリスト吉村友希さんおすすめの収納術は「色分け」すること。下里さんは今回の整理で、きれい色アイテムの少なさに気づけたようです。

あなたはどのタイプ? 代表アイテムから、クロゼットをタイプ別に診断!

“買い物大好き”リバウンド型 下里さんのクロゼットを改革!

下里さん&吉村さん

「前回の断捨離から新しい服が増えてますね!」(吉村さん)、「可愛いとつい飛びつき買いしちゃって」(下里さん)

こうして手放す!

プロセス1

①前回の断捨離から増えた服を分ける

「新しく買った服をひとまとめにし、なるべく残す方向に。ただし着ていないものは手放して!」

プロセス2

②同じカテゴリーの服を、買ったぶんだけ手放す

「同じカテゴリーの服が増えすぎないようトップスが3枚増えたなら、もともと持っていた3 枚をアウト」

プロセス3

③8:2のバランスを確認して色ごとに並べる

「ベーシック服と派手服の比率を整え、色ごとに分け把握することで、新しく買うときの指針に」

クロゼットを整理してわかったこと…“きれい色がない!”

〈手放す!〉

手放す服

「バイラ世代には華美すぎるフリルやレースのデザインや、旬ではない大花柄はアウト。くたっとした白Tも数年前の流行なので手放してOK」

〈残す!〉

残す服

「前回残したスカートは、色も形もきれいで使えるのでキープ。飛びつき買いの多い下里さんは、着回ししやすいという視点で残すのがベター」

投入アイテム

投入アイテム_パンツ

パンツのない下里さんはきれい色タックパンツをプラス

サテン素材。パンツ¥16800/メゾンスペシャル 青山店(メゾンスペシャル)

キープ服+投入アイテムで、よっしーがスタイリング!

パンツスタイル

つや素材にタイトなニット合わせで女らしさを残したパンツスタイルに

「手持ちの服と相性のいい落ち着いたピンクのパンツは、ブラウンのニットで大人な雰囲気に。バッグに結んだドット柄のスカーフで下里さんの持つ甘い雰囲気も残します」(コメントすべて吉村さん)

ジャケットコーデ

ジャケットをさらっと肩かけした旬なワントーンコーデで感度高く

「スカートにつや感があるので、Tシャツとスニーカーでカジュアルに転ばせてもフェミニンな印象に仕上がります。チェック柄のジャケットもワントーンで まとめて、色のバッグでアクセントを」

デニムスカートコーデ

タイトなスカートにカジュアルTを投入してこなれ感を底上げ

「このスカートは着回ししやすくて優秀! 前回は女らしいスタイリングをしたので、今回は黒で締めて辛口カジュアルにしました。バッグでポイントを加え、フラット靴でこなれ感をプラスしました」

【よっしー’sアドバイス】リバウンド型におすすめなのは《色で分ける収納》!

色で仕分けすることで、合わない色のアイテムに飛びつく“無駄買い”防止に

色で分ける収納

下里さんの感想は?

下里さん

色ごとに分けるとクロゼットが見やすい!手持ち服と合う色か確認しながら買い物も失敗せずに楽しめそう!

撮影/加藤ゆき(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/YUMBOU〈ilumini. 〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/下里朋美(スーパーバイラーズ) 取材・原文/道端舞子 構成/山岸成実〈BAILA〉 ※BAILA2020年6・7月合併号掲載

【BAILA 6・7月合併号はこちらから!】

【クロゼット診断】〈リバウンド型〉は「色分け」して買い物の指針に!_13
【クロゼット診断】〈リバウンド型〉は「色分け」して買い物の指針に!_14