Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. グルメ

Atsushiさんがキレイを応援!【ローカカオパウダー】で作る罪悪感ゼロのスイーツレシピ

チョコが食べたい、でも太りたくない……。そんな女子のために、Atsushiさんがすすめてくれたのが、ローカカオパウダーを使ったスイーツ。Atsushiさんは、普段からローカカオパウダーで〝カカオボール〟というスイーツを作っていて、これが、食べた人たちの間で〝ヘルシーでキレイになれる、罪悪感のないおやつ〟として大評判! 果たして、ローカカオパウダーって、どんなもの?

◾️非加熱・非アルカリ処理のローカカオパウダーが最強!

「ローカカオパウダーとは非加熱のカカオパウダーのことで、栄養価が抜群に高いスーパーフード。アンチエイジングや美肌にいい抗酸化成分のカカオポリフェノールをはじめ、鉄やマグネシウム、カリウム、亜鉛などのミネラル、ビタミンC、E、酵素、食物繊維も含まれ、まさに栄養の宝庫です。さらに、アナンダミドという幸せ感をもたらす神経伝達物質も含まれています。非加熱なので、高温で加熱処理されたカカオパウダーより、栄養がそのまま残っているのが大きな魅力です」。

ローカカオパウダー

Atsushiさんが常にストックしているというローカカオパウダーがこちら。非加熱・非アルカリ処理のものをチョイスするのがポイントだそう。楽天などオンラインでも購入でき、価格は500gで2000〜3000円ほど。

◾️Atsushiさんのお気に入りローカカオおやつはボール&ボウル

「僕はローカカオパウダーで〝カカオボール〟を作るのがお気に入り。カカオボールは、ローカカオパウダーをはじめとする材料を、混ぜて丸めるだけで作れるスイーツなんです。食物繊維たっぷりで血糖値の上昇も緩やかだから、ダイエット中でも安心して食べられます。そのほか、ローカカオパウダーでムースを作ってフルーツをのせた〝カカオボウル〟は朝食にぴったり。どちらもとっても簡単なレシピなので、ぜひ試してみてくださいね」(Atsushiさん)。ダイエット中でも罪悪感ゼロでおやつを楽しめる、カカオボールと、カカオボウルの作り方をご紹介。

罪悪感ゼロスイーツ【カカオボール】の作り方

「カカオボールは、ローカカオパウダーのほか、たんぱく質や食物繊維が多いオートミールや、ミネラルが豊富な黒砂糖、抗酸化成分と食物繊維が多いココナッツフレーク、良質のタンパク質や大豆イソフラボンがとれる豆乳と、美と健康にいい食材ばかりを使っています。ラップに包んで、小腹が空いたときや、甘いものがほしくなったときのために携帯しておくのもいいですよ」(Atsushiさん)。

カカオボール スイーツ

材料
ローカカオパウダー…1カップ

オートミール…1カップ

ココナッツフレーク…1/2カップ

黒砂糖…1/2カップ

ピーナッツバター…大さじ4

塩…ひとつまみ

豆乳…大さじ5 

*作り方*
すべての材料をボウルに入れて混ぜ合わせ、好みの大きさに丸め、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

栄養たっぷりモーニング【カカオボウル】の作り方

「ローカカオパウダーに、バナナやアボカド、チアシードなどをミックスしてムース状にし、フルーツをのせたものがカカオボウル。バナナには、食物繊維のほか、〝幸せホルモン〟と呼ばれるセロトニンや、良質の睡眠をもたらすメラトニン の材料になるトリプトファンが豊富。アボカドには、抗酸化作用のあるビタミンCやE、食物繊維、ミネラルなどが多く含まれます。また、チアシードは、必須アミノ酸や、オメガ3脂肪酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維と、ローカカオパウダーと同じように栄養価の高いスーパーフード。ブルーベリーやアーモンドなどを抗酸化成分の多いものをトッピングすれば、さらに栄養価がアップ!」(Atsushiさん)

カカオボウル 

材料(1人分)
<カカオムース> 
バナナ…2本

アボカド…1個

ローカカオパウダー…大さじ1

チアシード… 大さじ1

はちみつ…小さじ2

レモン汁…1/4個分


<トッピング>
ブルーベリー、バナナなど好みのフルーツ …適宜

アーモンド…10粒

*作り方
*
① ムースの材料をミキサーに入れて攪拌、またはつぶしてムース状にし、器に盛る。

② ①に好みのフルーツをのせ、砕いたアーモンドを散らす。

写真/Atsushiさん提供 取材・文/和田美穂 企画/菅井麻衣子

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン