Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. グルメ

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #7】美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”

美のセンスは美以外の場面でも自ずと比例してしまうように、ビューティ界隈にはお料理上手さんがいっぱい。そこで、キレイなあの人たちのおうちレシピをご紹介。トリとなる第7回は、美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”です。

美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”

「お出汁が好き、お茶漬け好き、そして鰻も大好き。だからそれをまるっと組み合わせました(笑)。市販の鰻の蒲焼きを使うから、簡単なのに豪華な一品になります。暑くてちょっと食欲が落ちる夏場でも、薬味のさっぱり感とひんやりお出汁の涼やかさで、するりとお腹に入っちゃいます。半分はお出汁をかけずにそのまま、残り半分はお出汁をかけて頂くひつまぶしスタイルにするのもおすすめです」(神崎さん) 

材料(1人前)

美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”材料

A)薬味と具材(分量は適宜お好みで)

市販の鰻の蒲焼 
きゅうり 
茗荷   
大葉   
生姜   

---------------------------------------------
薬味のほか、あれば錦糸卵や三つ葉を添えても美味


 

美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”材料2

B)タレとお出汁

蒲焼のタレ(ご飯に混ぜて使用)適宜

山椒        お好みで

茅乃舎のだし茶漬けの素(ほうじ茶でも可)1袋

ご飯(今回は玄米) 1膳分

作り方

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #7】美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”_4_1

1/3

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #7】美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”_4_2

2/3

【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #7】美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”_4_3

3/3

1)薬味を準備する。キュウリ・茗荷は薄切りに、大葉・生姜を千切りにする。
2)ご飯(今回は玄米)に1の薬味、蒲焼のタレをかけて混ぜる。
3)茶碗に薬味ご飯を盛り鰻の蒲焼をのせる。山椒の葉を添え、冷やしただし茶漬け(またはほうじ茶)をかけ完成。お出汁にはごまや三つ葉を入れても。
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #7】美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”_4_1
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #7】美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”_4_2
【お料理上手なあの人の、気分がアガるおうちレシピ #7】美容家・神崎恵さんの“鰻の冷やし茶漬け”_4_3

構成・文/渡辺敦子〈BAILA〉

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン