Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. クイズ・雑学

【英語クイズ】「ピーマン」は英語じゃないって知ってた?

日常会話の中にはたくさんの英語があふれていますが、実は海外では通じない「和製英語」な場合もたくさんあります。たとえば「パーカー」や「アイスコーヒー」は英語っぽいですが、そのままでは通じません。今回はそんな、海外では通じない英語からクイズ!

「ピーマン」は英語でなんて言う?

「ピーマン」は英語でなんて言う?

絶対日本語ではないし、響き的にもきっと英語、と想いきや、海外で「ピーマン」と言っても通じません。ではなんて言えば?

正解は…

「ピーマン」は英語で“bell pepper”

直訳すると「鈴型のとうがらし」。日本ではとうがらし、というとあの辛いものを指しますが、アメリカなどでは「パプリカ」「ピーマン」「とうがらし」はすべて“pepper”に分類され、いわゆる緑のピーマンは“green pepper”、辛い唐辛子は“hot pepper”と呼びます。

では「ピーマン」とはどこの言葉か、というと、一説には、とうがらしを意味するフランスの“piment”が語源と言われています。

ちなみに、英語で“pee”は子供の言葉で「おしっこ」という意味。

ピーマンが嫌いです、と言おうとして

I don’t like pee man.

では、相手も「この人は何を言ってるの!?」となってしまうので注意しましょう(笑)。

いかがでしたか?

是非この機会に覚えて正しい英語を使ってみてくださいね!

その他の気になる英語もチェック!

>>英語クイズ一覧はこちら!

文/斉藤壮一郎〈BAILA〉

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン