Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. クイズ・雑学

【英語クイズ】「パーカー」じゃ通じない!? 英語でなんて言えばいい?<海外では通じない日本語英語>

身の回りのものって、「ノート」や「デスク」などすでに英語が使われているものが多いですが、実は海外では通じない「和製英語」のものも多いんです。たとえば「ボールペン」や「サラリーマン」などはそのまま通じません。今回はそんな、海外では通じない英語からクイズ!

「パーカー」は英語でなんて言う?

「パーカー」は英語でなんて言う?

スウェットにフードがついた、性別も年代の問わないカジュアルの定番アイテム「パーカー」。アメリカなどではカレッジロゴ入りなどが人気ですよね。でもこれ実は海外では通じない和製英語なんです!海外ではなんて言う?

正解は…

「パーカー」は英語で“hoodie”

「覆う」を意味する動詞“hood”と、スウェットを意味する“sweatshirt“で、正式には“Hooded Sweatshirt”ですが、ネイティブは略して“hoodie”を使います。最近は日本でも「フーディ」と呼ぶことも増えてきましたよね。
 
ファッションアイテムにはその他にも和製英語が実はたくさんあります。

「ボーダー」= “stripes”

日本では縦縞が「ストライプ」横縞が「ボーダー」ですが、英語では縦も横もすべて“stripe”。

ちなみに“border”は国境などの意味に。

「ワンピース」=“dress”

日本語で「ドレス」は豪華でパーティなどで着るようなものをイメージしますが、海外では日常的に着るワンピースでもすべて“dress”。英語で“one piece”を使う場合はセパレートでない水着を指すときに使ったりします。

「ビーチサンダル」=“flip flop”

beach”(砂浜)も“sandal”(サンダル)も通じますが、“beach sandal”はまったく通じません。英語では“flip flop“。“flip”は「跳ねる」、“flop”は「落ちる」の意味。歩くたびにペタペタとかかとに当たり音がする様子から名付けられました。

「マフラー」=“scarf”

日本語で「スカーフ」は、ハンカチ的なもう少し薄手なものをイメージしてしまいますが、英語ではどちらも“scarf”と呼びます。英語で“muffler“はいわゆるバイクのマフラー(消音器)を指します。

いくつ知っていましたか?

その他の気になる英語もチェック!

>>英語クイズ一覧はこちら!

文/斉藤壮一郎〈BAILA〉

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン