Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

小柄さんの「きれいめカジュアル」7ルール。インスタフォロワー6万人のビ-ムスプレス三條場夏海さんが伝授!

BAILAでおなじみのビームス プレス・三條場夏海さんに「きれいめカジュアル」のコーデ術を教えてもらいました。「フェミニンなワンピはあえてラフに着る」「カジュアルスタイルの日はムード感のあるリップをチョイス」と、センスあふれる抜け感スタイルに脱帽!

1.デニムは女らしいシルエットのものを。ウエストやヒップのラインを出せばラフすぎずに着られるから

ルール1

「大好きなデニムは、今日はいているもののように、ウエストやヒップにフィットするような形を選んだり、足首を見せたりして女っぽさを足すのが鉄則。トップスは白Tを合わせたくなるところを、ブラウンのニットで大人に仕上げました。ゆるさのあるスタイルのときは、こんなふうに髪をアップにして顔まわりをスッキリさせるのもポイントです」。ニット¥29000(アンスクリア)・パンツ¥22800(サージ ドド ブルー)・バッグ¥49000(ペリーコ)・靴¥44000(ネブローニ)・ピアス¥13000(ローラ ロンバルディ)/デミルクス ビームス 新宿

2.フェミニンな色やデザインのワンピースをあえてラフな着こなしで。気負わない雰囲気で堂々と着たい気分

ルール2

「私がディレクションするブランド・ジョエブの秋の新作ワンピースはこだわりの一枚。色や袖のボリューム、ウエストのギャザーなどの甘い要素はありつつも、ゆったりとしたシルエットで、大人がさらりと着られるように作りました! 小物で印象が変わるのが楽しい。大きめのかごバッグにスニーカーでカジュアルダウンするのがお気に入り」。ワンピース¥25000/ビームス 公式オンラインショップ(ジョエブ) バッグ¥39000(ヘリュー)・靴¥20000(ノベスタ)・ネックレス¥14000(ローラ ロンバルディ)/デミルクス ビームス 新宿

3.リップは女っぽさのバランサー的存在。服がカジュアルになるほど、口もとにはムードのある色みをチョイスします

ルール3

「お気に入りはNARSのリップスティック/サテンの2912で、ザ・私って感じの色です。同じ赤でも、より女性らしさを足したいときはボルドー系、逆にカジュアルさを足したいときはブラウン系と使い分け!」

4.パンツは必ずハイウエスト。トップスインすれば少しゆるめのシルエットでもきれいめ感をキープできるんです

ルール4

「身長があまり高くないので、パンツはハイウエストで脚長見えを狙っています(笑)。あとは、ウエストまわりをタイトにすることで、ラフな形のパンツでもだらしなくならないように。このセットアップは、メンズライクな雰囲気ながら、サテンのツヤ感だったり、ジャケットがダブルではなくシングルだったりすることで、着やすいところが好きなんです」。ジャケット¥32000・パンツ¥18000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)

5.ラフなスウェットには、正反対のツヤ素材を合わせています。ギャップで生まれる 女っぽさが楽しい

ルール6

「カジュアル感が強いスウェットも、ぐっときれいめなサテンとのコンビならば私らしく着られる気が。さらにこのスウェットは裾にリブのないフレアタイプで、落ち感のあるスカートにも合わせやすい」。スウェット¥26000(エイトン)・スカート¥59000(アンスクリア)・靴¥23000(フラッタード)/デミルクス ビームス 新宿

6.淡い色のカジュアルなボーダーには黒のアイテムやチェーンの小物でピリッとエッジをきかせるのが絶対

ルール6

「ベーシックなモノトーンのボーダーも好きだけれど、ちょっと変化を出したくなってきれい色にトライ。ほっこりしないように、クールなアイテムをトッピングしています」。トップス¥14000(ルミノア×デミルクスビームス)・パンツ¥15000(デミルクス ビームス)/デミルクス ビームス 新宿 

7.存在感はあるのにコーディネートになじむ小物が大好き! ハイブランドのバッグ&靴と、ゴツめの地金ジュエリーはマスト

デイリーな洋服にハイブランドの小物を合わせるスタイルは私にとって昔からの定番。しっかりと主張はするけれども、悪目立ちしない、そんな上品でコーディネートを格上げしてくれる存在が頼れるんです。

セリーヌバッグ

最近はナチュラルカラーのセリーヌが大活躍。

白バッグ&パンプス

ジルサンダーの大きめバッグ(左)やセリーヌのポインテッド(右)のような白色もマイブーム! 

ジュエリー

地金のジュエリーも私のスタイルには欠かせないもの。色石系はあまり持っておらず、あえてゴツさのあるものをつけることで女性のきゃしゃさがきわだつ気がして重宝しています。MASATO INOUE(2)とエルメス(3)のリングはないと不安になるくらい、常に身につけているもの。大ぶりのピアスは最近はまっているマリア ブラック(1)、(4)。

ローラ ロンバルディのネックレス

耳にあまり大きなものをつけないときはローラ ロンバルディのネックレスを。

撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉(人)、さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/沼田真実〈ilumini.〉 モデル/三條場夏海 構成・原文/渡辺真衣〈BAILA〉 ※クレジットのないアイテムはすべて本人私物です ※BAILA2020年9月号掲載

【BAILA 9月号はこちらから!】

小柄さんの「きれいめカジュアル」7ルール。インスタフォロワー6万人のビ-ムスプレス三條場夏海さんが伝授!_11
小柄さんの「きれいめカジュアル」7ルール。インスタフォロワー6万人のビ-ムスプレス三條場夏海さんが伝授!_12

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン