Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. 仕事

withコロナ時代、アラサー女子はどう働いている?【働く30代のニュースゼミナールvol.9 拡大版①】

テレビ東京『WBS(ワールドビジネスサテライト)』の大江麻理子キャスターがセレクトした“働く30代女性が今知っておくべきニュースキーワード”を自身の視点から解説する連載。第9回目は拡大版として「withコロナ時代の働き方」について大江さんと一緒に考えます。今回は、BAILA読者の現在の働き方についてのアンケート結果を大発表。(※アンケートは2020年11月に集計したものです)

BAILA読者のみんなはどう働いている? 本音は? 【137人にアンケート】

読者の声

在宅勤務が定着して、結婚後も家庭と仕事を両立できるかもと考えが変わってきた(30歳・人材)

もっと自由に働き方を自分の意思で選択したい(39歳・金融)

負担のない範囲で今自分ができることを最大限にやりたい(31歳・サービス)

今の会社を辞めざるを得なくなったら何をしようか考えるようになった(34歳・メーカー)

コロナ禍で収入ダウンしたけど、副業していたおかげで助かった(31歳・食品)

どんな業界でも絶対はないのだなと。生き抜く力をつける必要があると感じた(34歳・金融)

目まぐるしく変化する世の中でこれから長い人生、自分が幸せに働き続けられるのか漠然と不安(32歳・建設)

Q 2020年働き方に変化がありましたか?

2020年働き方に変化がありましたか?

「はい」が64%、「いいえ」が36%。

【変化の内容(複数回答可)】
1位 テレワーク(41%)
2位 時差出勤(23%)
3位 短時間勤務(10%)
4位 副業(5%)

6割以上が「変化あり」と回答。圧倒的に多かったのはテレワーク。「テレワークをしてみて週5の出勤は不要に感じた」(32歳・教育)。一方で「キーワーカーのためずっと通常勤務」(36歳・医療)という声も

Q その変化によって、仕事の満足度はどう変わりましたか?

その変化によって、仕事の満足度はどう変わりましたか?

「上がった」が32%、「変わらない」が39%、「下がった」が29%。
業種や職種によりコロナの影響が異なり、変わらない人は「慣れないテレワークにストレスを感じたマイナス面と、家事と仕事を両立しやすいプラス面、両方あった」(33歳・IT)。上がった人は「コロナで仕事のありがたみを再認識」(34歳・食品)「テレワークで業務が効率化した」(33歳・商社)、下がった人は「自宅待機で給与減に」(30歳・航空)などの声が

Q 現在はテレワークをどのくらいしていますか?

現在はテレワークをどのくらいしていますか?

テレワークを「まったくしていない」が63%、「している」が37%。「している」と答えた人のうち、「毎日」が6%、「週3~4日」が11%、「週2日以下」が20%となった。
コロナ前は読者のテレワーク実施率は約1割にとどまっていたが、大幅に上昇。緊急事態宣言下が実施率のピークで、現在は出社勤務に戻りつつある人も。一方、業種や地域、会社の方針で状況に差があり、「対応が遅く会社に不信感を持った」(32歳・教育)との不満も

Q 副業をしていますか?

副業をしていますか?

「はい」が18%、「いいえ」が82%。
6割以上が「コロナをきっかけに副業に興味を持った」と回答するも、勤め先が副業を認めている人は約3割。実践者は18%にとどまった。内容は「インスタグラマーとして月10万円の収入あり」(33歳・通信秘書)「ネット記事を書いて月1万円」(30歳・IT)「不動産賃貸」(37歳・公務員)など多岐にわたる

Q今後、働き続けていくうえで不安はありますか?

今後、働き続けていくうえで不安はありますか?

不安が「ある」が85%、「ない」が15%。

【どんな不安がありますか?(複数回答可)】
1位 自分の収入(61%)
2位 ワークライフバランス(45%)
3位 自分の健康(41%)
4位 勤め先の業績(38%)
5位 自分の雇用(37%)

大多数が不安あり。コロナ禍で収入が減った人が3割に上り、やはり自分の収入を心配する声が多い。「収入が減り、会社に依存しない生き方を身につけたいと思った」(30歳・旅行)「コロナで会社と自分にズレを感じ転職を検討している」(33歳・不動産)「ワークライフバランスのためにフリーランスを考え始めた」(31歳・デザイナー)との声も

Q 今の勤務先でこれからもずっと働きたいですか?

今の勤務先でこれからもずっと働きたいですか?

「はい」が39%、「いいえ」が23%、「どちらともいえない」が38%。
今の勤務先で働き続けたい人は約4割。「今の業務量を考えると出産後は違う勤務先で働きたい」(32歳・金融)といった本音が。「何歳まで働き続けたい?」という自由回答の質問には75%の人が60歳以上の年齢を回答。なかには「働けるうちはずっと」(35歳・情報)との声も

Q スキルアップのために何か実践していますか?

スキルアップのために何か実践していますか?

「実践しようと思っている」が33%、「実践している」が27%、「特に実践する予定はない」が40%。
6割が積極的な回答。実践している人のなかでは語学やIT系資格への関心が高く、仕事に生かすための専門分野の勉強を含めてそれぞれ具体的な目標を持って取り組んでいる人が多かった。「数年前から同業者で語学の勉強会を開いており、今はオンライン開催に」(36歳・外資メーカー)などコロナ禍で滞りがちな人脈づくりを心がけている人もいた

次回は女性の働き方の変化を大江さんが解説。お楽しみに。

大江麻理子(おおえ まりこ)

大江麻理子(おおえ まりこ)


テレビ東京報道局ニュースセンターキャスター。2001年入社。アナウンサーとして幅広い番組にて活躍後、’13年にニューヨーク支局に赴任。’14年春から『WBS(ワールドビジネスサテライト)』のメインキャスターを務める。

撮影/中田陽子〈MAETTICO〉 イラスト/小迎裕美子 取材・原文/佐久間知子 構成/松井友里〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載

【BAILA 2月号はこちらから!】

withコロナ時代、アラサー女子はどう働いている?【働く30代のニュースゼミナールvol.9 拡大版①】_9
withコロナ時代、アラサー女子はどう働いている?【働く30代のニュースゼミナールvol.9 拡大版①】_10

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン