Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

エディター東原妙子さんのアウター哲学「短×甘」「長×辛」セオリーとは?【おしゃれプロの偏愛スタイル】

ファッションを生業とするおしゃれプロの確固たるスタイルには、強い愛と強い言葉がありました。そんな彼女たちが心を燃やすファッションを披露。エディター東原妙子さんはアウター選びに注目。冬はアウターが第一印象を左右しますが、東原さんは自分流のバランス哲学があるため、毎朝迷うことがないのだとか。

東原妙子さん

エディター

東原妙子さん


ひがしはら たえこ●数々のファッション誌、カタログなどを手がけるエディター。「uncrave」クリエイティブディレクターも務める。

“アウター丈とインのテイストは“短×甘”“長×辛”のバランスを守れば間違いなし”

「ここ何年も、クローゼットにはロングかショート、両極端の長さのアウターしかありません。体をきれいに、さらに高見えするデザインを手に入れたら、仕上げはインのコーディネート。アウターの丈に合わせて、バランスよく見える甘さと辛さの配分をマスターしておけば、トレンドが変わっても大丈夫!」

【LONG】柔らかなロングガウンのインはシャープにコーディネート

辛口なパンツスタイルをガウンでやわらげる

「辛口なパンツスタイルを、ガウンのゆったりした印象でやわらげるのが定番です。ロングな丈はインに着るボトムを選ばないのも便利」。ニットはアウターと同系色でなじませ、スキニーできりりと締めて。

Outer/N.O.R.C
Knit/N.O.R.C
Shirt/uncrave
Denim/N.O.R.C
Stole/Johnstons
Bag/Pale Jute
Shoes/LAURENCE

【SHORT】カジュアル感のあるブルゾンはガーリーなニットワンピを

メンズライクなブルゾンとグレーのニットワンピ

「メンズライクなブルゾンは、女っぽいものとコーディネート。グレーのニットワンピをインに、ダークカラーのワントーンでまとめて今年らしく。アンクレイヴのブルゾンは、丸みのあるフォルムになるよう、生地の取り方にこだわっています」

Outer/uncrave
One-piece/uncrave
Bag/SAINT LAURENT
Shoes/ZARA

アンクレイヴのガウントレンチ

「柔らかいけれど体にまとわりつかず、きれいな落ち感が出るように」と自らディレクション。スタイリッシュな「アンクレイヴ」のガウントレンチ。

ルージュ・ヴィフ ラクレのウールガウン

ダブルフェイスのウールガウン。カチッとしすぎず、中にけっこう着込んでもスタイルよく見えるのもうれしい。¥70000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店

ハイクのMA-1

ミリタリーライクな「ハイク」のMA-1は、女性らしさ満点のスカートに合わせる。

ドゥーズィエム クラスのカーキのフードコート

ドゥーズィエム クラスのカーキのフードコートは、ほどよいツヤとコクーンフォルムがお気に入り。

撮影/イマキイレカオリ(人)、魚地武大〈TENT〉(物) 取材・原文/久保田梓美 構成/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載

【BAILA 2月号はこちらから!】

エディター東原妙子さんのアウター哲学「短×甘」「長×辛」セオリーとは?【おしゃれプロの偏愛スタイル】_7
エディター東原妙子さんのアウター哲学「短×甘」「長×辛」セオリーとは?【おしゃれプロの偏愛スタイル】_8

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン