Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Beauty
  3. 美容マイスターまつこの30代ビューティ道

30代のうっすらジミ、「目立たないから大丈夫」ではないんです。エクサージュホワイトの新美容液で、先手のブライトニングケアを!【美容マイスターまつこの30代ビューティ道#08】

30代のシミケア、「まだいいかな」なんてことはないんです

アルビオン エクサージュホワイトの新ブライトニング美容液、ホワイト ディフュージョン。

こんにちは。美容マイスターまつこです。こちらの連載では、30代を卒業したばかりのビューティエディターの私が、30代の女性たちにぜひ手に取っていただきたい!と思うコスメを厳選してご紹介しています。

洗顔後などすっぴんの肌を見て「シミが目立ってきたかも…」と感じ始める30代の方は多いと思います。でも「ファンデーションを塗ればそれほど目立たないし、まぁいっか」と、見て見ぬふりをしてしまう方も多いのではないでしょうか。その考えに、ちょっと待った…! 

本来のブライトニングケアとは、できてしまったシミを消すためのケアではなく、将来シミができないようにするためのものなんです。しかも、一般的に30代はシミの数が急増しやすいと言われています。さらに最近は、マスク着用時の摩擦によってシミが濃くなる可能性も。
ちょっとでもシミの存在が気になったら、すぐにブライトニングケアを始めましょう!

とはいえ、ブライトニング美容液って高額なものが多いですし、毎日継続するにはけっこうな投資になりますよね。未来のキレイのために必要とは思いつつも「まだいいかな」なんて…。いえいえ、“美容は後回しにしない”がキレイへの近道です! 高額な美容液でなくても、
比較的手に取りやすい価格かつ、信頼できるブライトニング美容液を投入してみましょう。そこで私がオススメするのが、アルビオン エクサージュホワイトの新ブライトイニング美容液、ホワイト ディフュージョンです。

5千円台で、この素早い透明肌実感に拍手!

ふっくら潤った透明肌へ導くエクサージュホワイトのホワイト ディフュージョン。

アルビオンの人気ライン、エクサージュホワイトから登場したホワイト ディフュージョン。美容液ながら、価格は税込みで5千円台! 潤いとブライトニングケアを両立する信頼度◎のラインのプロダクトらしく、保湿力と使ってすぐに感じる透明感に、価格以上の満足感を得られます

毎日コツコツ使って、うっかりジミもしっかり防止

ワンプッシュでたっぷり!

ブライトニングの有効成分はいろいろありますが、ホワイト ディフュージョンに配合されているのは、トラネキサム酸。これはメラニンの生成を抑制し、抗炎症作用により肌あれを予防し、炎症性のシミにも効果的と言われています。

最近は日差しが強い日も多く、知らず知らずのうちに、紫外線によって肌が炎症を起こしてしまっているかもしれません。でもホワイト ディフュージョンをデイリーケアとして使っておくことで、うっかりジミの発生を防げそうです!


ワンプッシュでこれくらいたっぷり出てきて、2~3プッシュが使用量の目安です。

コクとみずみずしさ、爽やかな香りが気持ちいい!

コクがありながらもみずみずしいテクスチャー。

コクがありながらも、肌にのばすとすーっと速やかに角層へ浸透。うるっもちっとした、つややかな肌に仕上がります。さらに爽やかな香りが広がり、気持ちまで澄み渡るよう。惜しみなくたっぷり使って、満足度の高い結果を目指しましょう!

30代からは予防的ブライトニングケアを!

エクサージュホワイトのホワイト ディフュージョンで心地良くブライトニングケアを。

ホワイト ディフュージョンを使い続けること約1か月。キメひとつひとつに澄んだ潤いを巡らせてくれるような感覚で、透明感とみずみずしさに満ちた肌に。くすみや濁り感も目立たなくなり、明るい色の春服を着たくなりました

エクサージュホワイトの新ブライトニング美容液、ホワイト ディフュージョンで、ぜひ早め早めのブライトニングケアを始めてみてくださいね。

エクサージュホワイト ホワイト ディフュージョン<医薬部外品> 40ml ¥5500/アルビオン

アルビオン公式サイトはこちら
松村有希子

ビューティエディター

松村有希子


学生時代からライターとして雑誌編集に携わり、美容誌の編集部に編集者として約10年在籍。出産を機に独立し、美容誌やファッション誌での編集・ライティング、Webメディアのコンテンツ制作・ディレクションをするなど、気づけばこの道20年以上。初対面の人に「なんでそんなに肌がピカピカなんですか?」と聞かれることが多い。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン