Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Beauty
  3. 美容マイスターまつこの30代ビューティ道

今日はマスクありきの薄化粧なのに…!なんて焦ることなかれ。秒で透け感美肌をメイクできる、ジルスチュアートのモバイル型ベースメイクが頼りになる♡【美容マイスターまつこの30代ビューティ道#09】

マスクで肌の大半は隠れるから…と油断していませんか?

ジルスチュアートのモバイルファンデーション。

こんにちは。美容マイスターまつこです。こちらの連載では、30代を卒業したばかりのビューティエディターの私が、30代の女性たちにぜひ手に取っていただきたい!と思うコスメを厳選してご紹介しています。

今日は1日中マスクを着けて過ごすから、ベースメイクは軽めで」なんて日に限って、急に人と会うことに。
マスクを外すシーンがあるかもしれないのに、このままでは見せられない…! なんて経験はありませんか? そういう日に限って、メイク道具すら持っていない…ということが、私は過去にありました(泣)。

仕事やプライベートでの人脈が広がり、浅くも深くも、人付き合いが増える30代。今日は適当に…なんて、余裕綽々ではいられないかもしれませんね。いつどこで人に見られてもOKな“きちんと感”を演出できる術があると安心です! 
今回ご紹介するジルスチュアート新感覚のモバイル型ファンデーションと、同型のコントロールカラーがまさに適任なんです♪

スッと取り出して、ササッと透け美肌に

使い勝手のいいスマート&柔らかなチップを搭載。

イルミネイティング セラムコレクター<スキントーンカラー>は「これはコンシーラーかな?」と思わせるミニマムサイズ。キャップを開けるとチップが出てきます。まずこのチップのサイズ感と形状が絶妙で、ピンポイントでも広範囲でも使いやすい!

カバー力と素肌感を両立!

カバー力と透明感のバランスが絶妙!

みずみずしいテクスチャーでのびがよく、つややかな薄膜仕上がりに。とっても軽いつけ心地ですが、カバー力は上々! しかも繊細なパールを含み、毛穴やキメの乱れなどを光で飛ばして目立たなくしてくれるので、素肌が透けるようなナチュラルな仕上がりが叶います。

肌悩みをちゃんとカバーする、計算尽くのコントロールカラー

ジルスチュアートのイルミネイティング セラムコレクター<コントロールカラー>。

イルミネイティング セラムコレクターはコントロールカラーも展開。隠したい肌悩みに合わせた色みや、その部位の肌の特徴、塗る範囲など、様々な角度からとらえて計算し尽くした4つのカラーがそろいます。

30代からは予防的ブライトニングケアを!

イルミネイティング セラムコレクターのコントロールカラーは4色展開。

イルミネイティング セラムコレクター<コントロールカラー>のカラバリをご紹介!

01 lavender glow▷くすみ、シミのカバー。
02 light green glow▷赤みカバー。
03 orange beige glow▷クマカバー。
04 pink glow▷ツヤ感補充。

0102は広い面に塗布することを想定して、肌なじみのいいオイルを多めに配合。目元のクマのカバーに最適な03、ハイライト的に使いたい04は、汗や皮脂に強い処方になっています。この細やかな配慮が、秒で透け美肌をメイクできる所以です!

いつでもどこでも、自信を持てる美肌をメイク!

ジルスチュアートのイルミネイティング コレクターをポーチINしておけば、いつだってキレイな美肌をメイクできます!

人に会う機会が減っている今だからこそ、会えたときにはとびっきりキレイな肌でいたいですよね。ジルスチュアートイルミネイティング セラムコレクターをポーチやバッグに忍ばせて、秒でキレイな美肌をメイクしちゃいましょう!

ジルスチュアート イルミネイティング セラムコレクター<スキントーンカラー> SPF25/PA+++ 全5色 各6ml ¥3080、同 イルミネイティング セラムコレクター<コントロールカラー> SPF25/PA++(03のみSPF25/PA+++) 全4色 各6ml ¥3080/ジルスチュアート ビューティ

ジルスチュアート ビューティ公式サイトはこちら
松村有希子

ビューティエディター

松村有希子


学生時代からライターとして雑誌編集に携わり、美容誌の編集部に編集者として約10年在籍。出産を機に独立し、美容誌やファッション誌での編集・ライティング、Webメディアのコンテンツ制作・ディレクションをするなど、気づけばこの道20年以上。初対面の人に「なんでそんなに肌がピカピカなんですか?」と聞かれることが多い。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン