Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ

【 #明日海りお スペシャルインタビュー 】『エリザベート』凱旋で話題沸騰!明日海りおさんの新たな挑戦

宝塚歌劇団の退団から約1年。常にチャレンジを続け、誰も知らない新しい表情を見せてくれる明日海りおさん。4月は宝塚でも演じた『エリザベート』のスペシャル・ガラ・コンサートに出演。進化を続ける彼女が見た景色や、“ 夢のまた先”を追う── 。

明日海りお スペシャルインタビュー 前回の記事
【 #明日海りお スペシャルインタビュー 】『エリザベート』凱旋で話題沸騰!明日海りおさんが目指すもの

ジャケット¥176000・ドレス¥803000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) パンプス¥97900/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

初演より難しかった『ポーの一族』よりリアルなエドガーに出会えた

退団後の初舞台は『ポーの一族』。宝塚トップ時代に演じ“伝説”と呼ばれるまで極めた経験がある作品。余裕を持って向き合えたかと思いきや「最初はつらくて、焦っていました」と話す。


「演出家は宝塚版同様、小池修一郎先生でしたが、まったく新しい作品を作るという姿勢で、振付師も違う方、セットもまるっきり新しいもの。出演者の皆さんも『ポーの一族』を初めて演じるなか、私だけが宝塚時代の稽古で言われたことや振りを覚えている状態。一度リセットする作業は想像以上に大変でした。加えて、ソーシャルディスタンスの中での稽古。やりたいことをきちんと伝えられるのかと頭を抱えました。そんな中でも、技術とパワーのあるカンパニーの皆さんは、私が発信したい芝居を受け取り、的確な表現で返してくださって。本当にありがたかったですね」


宝塚版と異なるのは、やはり男性の存在。
「声量が大きく、体力もある男性との芝居はパワーがいるのだと知りました。体力を消耗するので負けないようにと、稽古中のお弁当は2個に増やしました(笑)。今回は“トップではない”ということも大きな変化でしたね。宝塚時代の初演では、少年役だけれどもトップスターとしての存在感も必要。その両立を自分も周りも意識していました。男声かつ少年、という声色の難しさも、周囲が男性だと意識しなくても自然と少年になれて。みんなを引っ張るトップらしさもいらない。リアルなエドガーに近づけた感覚がありました」

【BAILAスペシャルインタビュー #明日海りお 】『エリザベート』二役という壁も必ず乗り越えられると信じて!

『エリザベート』二役という壁も必ず乗り越えられると信じて!

さまざまな“初めて”に挑戦した怒濤の一年。振り返って、「ありがたいことに今は宝塚のトップ時代よりも多忙かもしれません。年齢を重ねたからそう感じるだけかな?」と笑う。春には宝塚でも演じた『エリザベート』のスペシャル・ガラ・コンサートに出演。芝居で演じるのはトート、エリザベートの男女二役。またもや高いハードルが!
「思いがけない挑戦状が届いた感じ(笑)。トートは男役のキー、シシィ(エリザベート)は高い頭声。低い声に慣れた体で、高い声を出すのは難しいので要研究です。使い分けを修得しなければ」

キャストも豪華。明日海トートの相手役は花組時代のトップ娘役、蘭乃はなさん、花乃まりあさん。明日海エリザベートの相手役は、4月に宝塚を退団する雪組トップスター、望海風斗さん。
「蘭乃、花乃は離れてからの期間が長いので、久しぶりに組めるのが楽しみ。まさかまた一緒に舞台に立てるなんて! そして、望海がトート、私がエリザベートを演じるのはともに初挑戦。『エリザベート』はトップお披露目公演でも演じた特別な作品ですが、歌の技術もお芝居ももっといろいろ経験してから演じてみたかった、という思いもあったので、再び巡り合えて嬉しい。あれから何年もたち、望海も私もトップを経たので、『絶対素敵なものになるはず!!』と楽しみにしています」

明日海りお

明日海りお


あすみ りお●1985年6月26日生まれ、静岡県出身。2003年、宝塚歌劇団入団。2014年、花組トップスターに就任。2019年11月に退団。現在は女優として活躍。連続テレビ小説「おちょやん」(NHK)、「青のSP」(関西テレビ放送)が放送中。『エリザベートTAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』(2021年4月5日〜)に出演が決定!

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/山下景子〈KOHL〉 スタイリスト/大沼こずえ〈eleven.〉取材・原文/櫻木えみ 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉※BAILA2021年4月号掲載

【BAILA 4月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン