Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【2021最強ワンピース】シンプルな黒&美女感つや素材のコンビが、ラクして女っぽいの正解!

華やかで、きれいに見えて、簡単で…私たちが日常服に求める理想を、たった“一枚”でかなえてくれるワンピースはやっぱり最強! スタイリスト加藤かすみさんが注目するのは「黒」と「ツヤ素材」。ラクして女っぽく映えるデザインの選び方をアドバイス!

可愛くもカッコよくも。おしゃれの楽しみを広げてくれる《シンプル黒ワンピース》

出番の多い黒を飽きずに楽しむためにも、季節ごとにアップデートは不可欠。特に夏は涼感のある素材やノースリーブ、後ろあきといった適度に肌の出るデザインなど、ロングな黒でも重苦しく見えない一枚を。

Kasumi's voice
「今はオンとオフの境界線があいまいなこともあり、着回しといってもシーンの違いが出せるベストな3パターンくらいを覚えておけばOK。夏はアイテム数が少ない分、小物力、特にバッグはとても大事になってくるので、いいものをひとつ持っておいても!」

+かごバッグ

上質なかごバッグと黒ワンピースコーデの山本美月

大人のこでかけスタイルは、上質なかごバッグと
シンプルな黒のワンピとかごバッグは、鉄板の組み合わせ。「夏の定番で種類も豊富なかごバッグですが、きちんとしたものを選ばないと全体がチープに見えることも。エバゴスは値段は張りますが、こういう正統派のかごバッグがひとつあると便利。私自身も長年愛用しています」(加藤さん)。ワンピース¥39600/ロンハーマン バッグ¥66000/エバゴス ピアス¥100500/ショールーム セッション(マリハ) 靴¥44000/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店(ロランス)

+ベージュジャケット

リネン混のベージュジャケットと黒ワンピースコーデの山本美月

お仕事の日は、カーデ代わりの軽ジャケットを
「黒×黒は重いので、ジャケットはリネン混のベージュを。小物もベージュで軽やかに」(加藤さん)。ワンピース/着回し ジャケット¥39600/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥132000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ザンケッティ) ピアス¥38500/スタージュエリー渋谷スクランブルスクエア店(スタージュエリー) ネックレス¥4950/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ ヴァージニア) 靴¥16500/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン)

+ロゴバッグ

黒ワンピースにスポーティ要素を取り入れたコーデの山本美月

スポーティ要素を取り入れて、今どきの表情に
旬のロゴバッグやスポサンと合わせれば、アクティブなムードへと一新。「2個持ちスタイルも可愛いし現実的。スポサンは昨年よりも少しボリュームやデザイン性のあるものが目新しく、大人っぽく仕上がります」(加藤さん)。ワンピース/着回し 首にかけたバッグ¥29700・トート¥57200・靴¥41800/フルラ ジャパン(フルラ) ピアス¥31900(モダンウィーヴィング)・ブレスレット¥24200・リング¥9900(ともにフィリップオーディベール)/プルミエ アロンディスモン

さらっと着るだけで美女感UP!《つやワンピース》

これまでのような“重ねて楽しむ”キャミワンピではなく、一枚でもドラマチックな動きの出せるボリュームワンピが、ラクして女っぽくありたい今の気分にジャスト。ヌーディなトーンで洗練されたリラックス感を。

美女感UPつやワンピースコーデの山本美月

Kasumi's voice
「せっかく落ち感の美しいツヤ素材だからこそ、布の分量が多く、動いたときにふわっと流れるようなシルエットをつくれるマキシ丈が女性らしくておすすめ。明るい色では派手、地味色ではフォーマルライクになりがちなので、日常使いにはベージュ系がベスト」

エレガントなワンピを構築的なかごバッグや抜け感のあるサンダルでハズすことで、洒落感をプラス。「アクセも秋冬ならゴールドでもいいですが、春夏だとつやつやしすぎてトゥーマッチ。シルバーでカジュアルに」(加藤さん)。ワンピース¥107800・バッグ¥7700/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) ピアス¥39600/エスケーパーズオンライン(タプレイ) ブレスレット¥24200/プルミエ アロンディスモン(フィリップオーディベール) リング¥88000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) 靴¥18700/デミルクス ビームス 新宿(アンヘル アラルコン×デミルクス ビームス)

今季のトレンドを指南してくれるのは
加藤かすみさん

スタイリスト

加藤かすみさん


本誌の表紙やファッション特集のほか、数多くの女性誌や広告なども幅広く手がける超人気スタイリスト。センスと理論に基づいたコーディネート術にはファンも多数。

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/山本美月 取材・原文/伊藤真知 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年6月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン