Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

ショーパンを素敵にはくための3つの着こなしテク【大人のショートパンツ】

トレンドのショートパンツでチェンジしたいけれど、着慣れず迷っている人へ。大人のショートパンツの選び方と着こなしを、スタイリストの佐藤佳菜子さんが解説! 「合わせるトップスは?」「足もとは?」の疑問に対し、大人向きショートパンツの着こなしヒントを指南。

ジャケットとのセットアップがおすすめ

「ジャケットとのセットアップも、今季豊富です。絶対的に“きちんと感”や“今っぽさ”を持ったジャケットの力を借りれば、ショートパンツも格上げして見えます。夏も薄手のジャケットをかるく羽織ることで、肩や腕をカバーし、脚の露出分のバランスをとって」

薄手リネンのジャケットとショートパンツのセットアップコーデの山本美月

ハイウエストのリボンベルトと深めに入ったタックで、気になるウエストからヒップまわりをカバーするショートパンツ。今季は、ジャケットとのセットアップでキリリと着るのが最旬。さらっとした肌触りの薄手リネンだから、夏も涼しく楽しめる。ワントーンでまとめるのも、シックにまとめる近道。ショートパンツ¥12100・ジャケット¥20900/アンクレイヴ ニット¥4950・バッグ¥9460/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) ピアス¥15400・イヤカフ¥17600・リング¥9900/ジュエッテ

甘めなトップスに合わせてみる

「ボーイッシュになりがちなショートパンツを、対照的な甘めトップスに合わせて、最新の甘辛バランスに。光沢や透け感のある素材など、少しドレッシーなディテールの服も、ショートパンツとならデイリーに新鮮なイメージで着こなせますよね」

ボリューム袖のシアートップスとショートパンツコーデの山本美月

ボリューム袖が華やかなシアートップスを、今季はショートパンツに合わせるのが新鮮。エレガント×ボーイッシュのコンビが、互いの個性を足し引きし合ういい関係。フレアシルエットのショートパンツはミニスカート感覚で合わせられるので、フェミニン派の人にも取り入れやすい。ショートパンツ¥12980/シュガー・マトリックス(イチエ) トップス¥13200/セルフォード ルミネ新宿1店(セルフォード) ネックレス¥13200・時計¥19800/ジュエッテ バッグ¥59400/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥41800/ベイジュ(ピッピシック)

足もとにはボリュームをもたせて

「ショートパンツをはくとき、重要なのが足もと選び。コンサバなパンプスは昔っぽいし、ビーサンだと夏休みの小学生風? 脚が出ている分、足もとはヌーディにせず、アンクルストラップや重めのフラット靴などで存在感を持たせるのが正解です」

細身ノースリーブトップスとゆとりのあるタック入りショートパンツコーデの山本美月

細身ノースリーブトップス×ゆとりのあるタック入りショートパンツで、ゆるピタの女っぽいバランスが完成。ヒールサンダルもアンクルストラップのタイプなら、足もとがヌーディになりすぎず、ショートパンツとも好相性。ショートパンツ¥26400/フロム ニット¥13200/ロペ イヤカフ¥12100・ネックレス¥39600/エテ サングラス¥41800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥8910/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) 靴¥31900/ベイジュ(ピッピシック)

やりがちだけど難しい!

コンサバなヒールパンプスを合わせると、なんだか古くさい印象

コンサバなヒールパンプスを合わせると、なんだか古くさい印象に。ヌーディな足もとは避けて
ショートパンツを今年らしく楽しむには、存在感のある足もとがマスト。きちんと見えるからといって華奢なヒールパンプスを合わせると、ひと昔前のコンサバスタイルに。

教えてくれたのは
佐藤佳菜子さん

スタイリスト

佐藤佳菜子さん


愛称「さとかな」。本誌をはじめ多くの女性誌などで活躍。ベーシックななかにほどよくトレンドを効かせたスタイリングに定評あり。自身も今年はショートパンツをはくそう。

撮影/酒井貴生〈aosora〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/山本美月 イラスト/水谷慶大 構成・原文/東原妙子 企画/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン