Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. 身長150cmエディターchiakiの30代おしゃれTIPS

【UNIQLO(ユニクロ)】のカップつきキャミが服として使える! 夏から秋の着回しコーデ【身長150cmエディターchiakiの30代おしゃれTIPS】

吸湿・防湿性に優れている上、カップつきで使い勝手抜群なユニクロのキャミ。ここ数年でデザインがかなり増えて、インナーとしてだけでなく、トップスとしても使えるって知っていましたか? 一枚持っていると、夏本番の今から秋口にかけて万能に使えて便利♡ 今回は、ユニクロの商品とMIXして、着回しコーデをお届けします。

【UNIQLO(ユニクロ)】ランダムリブブラキャミソール¥790(セール価格)

エアリズムキャミソール全体

光沢のある定番の生地から、リブ編み、レース付き…など、一口にブラトップといってもデザインがとっても豊富。恥ずかしながらこんなにも種類があるのを知りませんでした…! というのも、実は私、3年くらい前に購入したブラトップをずっと使っているから(笑)。ユニクロのアイテムは丈夫だから捨て時が分からず…(笑)。手持ちのものはインナーとして愛用しているので、今回は服として活躍してくれるものがいいなと思い、背中がクロスデザインになったランダムリブブラキャミソールを着回してみることにしました。

バックデザインより

ランダムリブブラキャミソールのいちばんのポイントは、やっぱり背後がクロスになったバックシャンデザイン! 普段あまり肌見せをしないので、背中が大胆に開いている服は着るのに勇気がいるのですが、これならヘルシーな印象で着やすそう! ダブルストラップも可愛い♡

  • エアリズムキャミソール素材
  • エアリズムキャミソール胸元

素材は、コットンのリブ生地。しかもよく見ると、ピッチの異なるリブがMIXされているんです。透け感はなくしっかりとしているので、一枚で着ても◎。

ネックラインはゆるやかなVネックで、詰まりすぎず深すぎずのちょうどいい深さ。胸元に抜け感が出ていい感じです。ちなみにキャミにありがちな“デコルテパカパカ”問題も気になりませんでした!

エアリズムキャミソールカップ部分

気になる機能面ですが、アンダー部分にぐるりとゴムが入っていて、フィット性バツグン(ブラトップの別デザインには、フロントのみにゴムが入ったバージョンも!)。 圧迫感は気にならないのに、バストをしっかりホールドしてくれている安心感があります。

それでは続いて、ランダムリブブラキャミソールを使った、夏から秋の着回しコーデをお届けします!

着回し①真夏は潔く一枚で! ヘルシーな肌見せスタイルを楽しみたい!

エアリズムキャミソール着回し1

ブラトップ・デニムパンツ/ユニクロ

猛暑の日本。もはやTシャツでも暑い…! そんなときは、エアリズムキャミをサラッと。カップつきなのでこれ一枚でいいですし、かなりストレスフリー。休日なら、ゆったりとしたデニムを合わせてヘルシーカジュアルに。シンプルな組み合わせですが、背中のクロスデザインがアクセントになって簡単におしゃれな雰囲気を目指せます。

着回し②晩夏は透けカーデのインナーに。涼しさをキープしつつ季節を先取り

  • エアリズムキャミソール着回し2全身

    ブラトップ・カーディガン・パンツ/ユニクロ

  • エアリズムキャミソール着回し透け感

秋も引き続き人気のシアーアイテム。可愛いけど、インナーに迷ったりしますよね~。カップつきキャミなら下着が見える心配もないですし、クロスになった後ろ姿もおしゃれ。今回は、カーデとキャミを黒で統一してすっきりとさせました。センタープレスのパンツを合わせてきちんと。

着回し③秋口はバンドカラーのロングシャツを羽織って、こなれたムードに

エアリズムキャミソール着回し3

シャツワンピース・ブラトップ・スカート/ユニクロ

ブラトップキャミに黒のロングスカートを合わせたセットアップ風コーデに、ロングシャツをラフにプラス。ふとした瞬間にチラリと見えるダブルストラップが、アクセントになって可愛いんです♡ 近年は9月でも暑い日が続きますが、ストレスフリーなブラトップなら快適に入られて◎。



今回ご紹介したバックシャンのキャミソール以外にも、レースがついたものや、タンクトップ型など、種類が豊富のブラトップ。様々のデザインを集めて、今年の夏は快適かつおしゃれに過ごしたいと思います♡

【UNIQLO(ユニクロ)】ランダムリブブラキャミソールはこちらからチェック!

取材・文/石黒千晶

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン