Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. まとめ

【夏の定番コーデをアップデートする方法まとめ】簡単アイディアをスタイリストが伝授!

夏といえばコレ! という定番コーディネートも、ちょっと変えるだけで、たちまちフレッシュな印象に。真似したい簡単アイディアを、スタイリストの加藤かすみさんがアップデート!

<目次>

1.フレンチ気分なモノトーン ≫≫【甘さ控えめ&パール】で盛り上げる

ここをChange!

「甘めなフレンチを、かっこいいイメージにチェンジ! ボトムをワイドパンツに、カジュアルなボーダーは女っぽく、クラシカルなネックレスは個性的なバロックパールに。アイコン的なアイテムの選び方を変えてみて」by Kasumi

カジュアル&モダンなフレンチシックコーデの桐谷美玲

グッドガール的でクラシカルなイメージのフレンチシックを、この夏は真逆のカジュアル&モダンな解釈で楽しみたい。信頼のモノトーンだから、新しいアイテムにもトライできる。カーディガン¥18700/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) タンクトップ¥10780/アンクレイヴ パンツ¥24200/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥74800/エバゴス ネックレス¥132000・ピアス¥286000/ミラモア ファイン ジュエリー(ミラモア) 靴¥139700/ジミー チュウ

2.美フォルムワンピ×サンダル ≫≫【カジュアルな足もと】で抜け感を

ここをChange!

「一枚で決まる構築的なシルエットのワンピースが大活躍。かしこまった印象のアイテムだからこそ、足もとでテイストを思い切りハズして。今年なら、スポサンやジュートのフラットなど、ラクで存在感のある足もとが好相性です」by Kasumi

美フォルムワンピ×サンダルコーデの桐谷美玲

立体シルエットをキープするフェミニンなワンピースは、足もと合わせで鮮度をアップ。きれいめなサンダルだと当たり前にレディな着こなしにまとまってしまうところを、あえてロープストラップのサンダルでラフにくずして。足もとにボリュームを持たせるのが、最旬バランス。ワンピース¥26400/リステア総合カスタマーサービス(ルシェルブルー) バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) バングル¥13200・シングルピアス¥25300/アルティーダ ウード 靴¥9900/クオリネスト(ボホノマド)

3.フレアスカートが主役のコーデ ≫≫【ボタニカル柄】でご機嫌に

ここをChange!

「印象を更新するなら、主役になる柄を変えるのが近道。今まで選んでいた小花柄やドット柄を、ぱっと目を引く大柄のボタニカルに。シンプルなTシャツとなら派手柄も難しくない。一枚でリゾート気分を楽しめます」by Kasumi

ボタニカル柄のフレアスカートコーデの桐谷美玲

リゾートライクなボタニカル柄のスカートは、Tシャツになじむ白ベースの配色だから、悪目立ちせずすんなり着こなせる。ビタミンカラーの小物使いも、開放的なムードを加速して。Tシャツ¥6380/シンゾーン ルミネ有楽町店(シンゾーン) スカート¥20900/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ピアス¥14300・リング¥9900/プルミエ アロンディスモン(フィリップオーディベール) バングル¥8250/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) バッグ¥81400・靴¥108900/ジミー チュウ

4.デニムに背中あきトップス ≫≫【透ける素材】でムードを出す

ここをChange!

「デニムに背中のあいたバックシャンなトップス合わせは、もはや新定番。そこで今季はトレンドのシアー素材でアップデート! 透け感があれば長袖でも暑苦しくないので、肌を出しすぎたくない人にもおすすめです」by Kasumi

シアーなブラックのブラウスコーデの桐谷美玲

涼感とシックな印象を両立する、シアーなブラック。ブラウス越しの上品な肌見せが、カジュアルになりがちな夏のデニムスタイルをぐっとエレガントに見違えさせる。ブラウス¥25300・パンツ¥29700/サードマガジン 帽子¥7590/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(サンテッリフランチェスカ) ピアス¥6400・3本セットのリング¥5500・パールブレスレット¥6800・チェーンブレスレット¥7800/ハルミ ショールーム(グレイ) バッグ¥170500/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ)

5.ブラウス×パステルカラーパンツ≫≫ぱきっと発色する【ベジタブルカラー】

ここをChange!

「春は優しいパステルカラーが人気だったけれど、夏になるとおなじみのブランドからもビビッドカラーのきれいめパンツが続々と登場。中でも、グリーンやイエローといったベジタブルカラーがとびきりフレッシュ!」by Kasumi

ベジタブルカラーのパンツコーデの桐谷美玲

ぱきっと鮮やかな発色のカラーパンツが、夏の日差しによく映える。インパクトの強い色も、ボトムでならトライしやすい。合わせのアイテムは白でまとめて、ベジタブルカラーのみずみずしい魅力を最大限に引き出して。ブラウス¥23100/サードマガジン カーディガン¥15400・パンツ¥18700/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥17600/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ バージニア) シングルイヤカフ¥15400・リング¥26400・ブレスレット¥19800/アルティーダ ウード 靴¥139700/ジミー チュウ

6.ふわ×ぴたシルエットのワンツー≫≫シャープな【バンドカラーシャツ】

ここをChange!

「ビッグシャツが旬の今、細身ボトムと合わせてすっきり見せる、ふわ×ぴたシルエットは常識。ならばシャツの種類をバンドカラーに変えるだけでも、ぐっとモダンな印象になります。小物でアクセントをつけるのも有効」by Kasumi

パリッとハリのあるマニッシュなバンドカラーシャツコーデの桐谷美玲

誰が着てもバランスよく映える、鉄板のふわ×ぴたシルエット。ふんわり甘いブラウスを選んでいた春から、パリッとハリのあるマニッシュな一枚にチェンジ。中でも人気のバンドカラーは、それだけで顔まわりの印象がすっきりと、ミニマルに仕上がる。シャツ¥25300/インターリブ(サクラ) パンツ¥27500/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) カチューシャ¥12100/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) バッグ¥52800/ラドロー オンラインストア(ラドロー) 靴¥33000/エンフォルド

7.ジャケットで仕上げるきれいめカジュアル≫≫【オールベージュのワントーン】で洗練ムードに

ここをChange!

「冷房対策のはおりものは、カーディガンよりも、ジャケットをさらっと肩かけするのが今年流。さらに全身ベージュのワントーンでまとめることで、カジュアルになりがちな夏コーデが品よく洗練されたムードになります」by Kasumi

オールベージュのワントーンコーデの桐谷美玲

夏のジャケットは肩かけが基本。絶妙にトーンの違うベージュ合わせが上級者風。ジャケット¥20900/アンクレイヴ タンクトップ¥6930/カデュネ プレスルーム(カデュネ) スカート¥30800/プルミエ アロンディスモン バッグ¥156200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) コーム(上)¥23500・(下)¥19500/プリュイ トウキョウ(プリュイ) ブレスレット¥74800/ハルミ ショールーム(カフカ) 靴¥82500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

教えてくれたのは
加藤かすみ

スタイリスト

加藤かすみ


本誌をはじめ数多くの雑誌の表紙やファッション特集、広告を手がける人気スタイリスト。ベーシックなのに着映えるスタイルの達人!

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/桐谷美玲 構成・原文/東原妙子 企画/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン