Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. BEAUTY
  3. メイク

新川優愛がスナイデル ビューティの最新アイパレットでオンオフ5つのアイメイクを実践!

目もとに視線が集まる今、アイメイクの振り幅を広げたい。ヘア&メイクpaku☆chanさんが太鼓判を押すのが着回し力抜群のアイパレット。今回は「スナイデル ビューティ」のモード系多色アイパレットで5つの洒落顔を提案!

paku☆chanさん

ヘア&メイクアップアーティスト

paku☆chanさん


アイパレットって今、あらためていいよね♡
「毎日、服は着替えても、顔はつい同じになっちゃいがちですよね。だけどメイクを変えるのって面倒……というときにやっぱり頼りになるんですよ! 計算され尽くした色がセットされているから、どう組み合わせても失敗がなく、誰でも簡単にメイクの振り幅を広げられるんです。多色パレットも同じで、一見難しそうに見えても実は似合う&飽きない工夫が満載。ひとつで多彩な目もとをかなえてくれるパレットに、今再び惚れ直しています」

おしゃれ顔にしかならないモードな多色パレット

スナイデル ビューティ アイデザイナー 03

スナイデル ビューティ
アイデザイナー 03
「どう使っても今っぽいしゃれ顔になる、絶妙な色合い」(paku☆chanさん)。旬のビビッドなイエローオレンジやグリーンを主役に、繊細なニュアンスに輝くハイライトや締め色をミニマルなコンパクトにイン。¥6380

1.上まぶたに白をひとすじ。簡単で、しかも洒落てる!

上まぶたに白シャドウをいれたメイクの新川優愛

シャドウの白にこんな新鮮な使い方があったなんて! 左下のホワイトを二重沿いに引くだけで鮮度の高い目もとに。面ではなく太い線で入れるのがポイント。その分インラインは埋めて、ぼやけ防止。

上まぶたに白をひとすじ引いたメイク

《Other Item》

かならぼ フジコ 仕込みアイライナー 01

まつげの間をブラウンで埋めて、目のフレームをはっきりと。三股に分かれたフェルトならインラインが簡単。フジコ 仕込みアイライナー 01 ¥1628/かならぼ

2.ツヤをミックスしたグリーンを下まぶたに効かせればヘルシー

ツヤをミックスしたグリーンを下まぶたに効かせたメイクの森絵梨佳

下まぶたのグリーンが主役のヘルシーメイク。ただ下にガツンと色を入れると悪目立ちしやすいから、パール入りカーキと鮮やかなグリーンを混ぜ、色を光で飛ばしつつ弱めるのがコツ。上まぶたもほんのりカーキでリンク。

下まぶたのグリーンが主役のヘルシーメイク

3.明るい吸引力のあるまなざしで好感度もきちんと感もほしいまま

強さと明るさのあるメイクの森絵梨佳

強さと明るさのあるまなざしは仕事でも活躍。ポイントは、上まぶたに溶け込ませたオレンジ。アイホールに塗った上から中央にだけ重ねれば、主張しすぎず立体感も。キワは締めてきちんと感を演出。

強さと明るさのあるまなざしのメイク

《Other Item》

THREE アートエクスプレッショニストマスカラ 05

キワのラインが強くなりすぎないよう、赤茶のマスカラで抜け感を。アートエクスプレッショニストマスカラ 05 ¥4400/THREE

4.抜けのある目尻キャットラインで媚びない女っぽさがかなう

抜けのある目尻キャットラインメイクの新川優愛

アイシャドウをライン風に効かせたメイクに。目頭からグリーンを引いて、目尻側のみきらめきの入った締め色をキャットライン風に。遊び心を忘れずに、女っぽさのある顔に落とし込むのが今っぽい。

アイシャドウをライン風に効かせたメイク

《Other Item》

かならぼ B IDOL 愛ラッシュマスカラ 02

まるで自まつげのように見える繊細なマスカラをチョイス。あえて主張は控えめに。B IDOL 愛ラッシュマスカラ 02 ¥1540/かならぼ

5.まろやかさを仕込んだ囲み目で今どき解釈のクラシカルメイクに

まろやかさを仕込んだ囲み目で今どき解釈のクラシカルメイクの新川優愛

キラキラ涼やかに目もとを引き締めるブルーグレーを上下のキワに引いた、新・囲み目メイク。コントラストがありすぎると強く古くさい印象になるから、オレンジでまろやかさを出して毒っけを抜くのが秘訣。

まろやかさを仕込んだ囲み目で今どき解釈のクラシカルメイ

《Other Item》

井田ラボラトリーズ セザンヌ 超細芯アイブロウ 02

アイラインはあえて引かずに、眉毛のエッジを強めて今っぽく。セザンヌ 超細芯アイブロウ 02 ¥550/井田ラボラトリーズ

撮影/菊地泰久〈vale.〉(人)、橋口恵佑(物) ヘア&メイク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリスト/門馬ちひろ モデル/新川優愛 取材・原文/中島 彩 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載

(上から)
トップス¥13200/エミ ニュウマン新宿店(エミ アトリエ) ハット¥39600/オーバーライド 神宮前店(アース) イヤカフ¥16500/ココシュニック
ジャケット(パンツセット)¥10450/フリークス ストア オンラインショップ リング¥36300/プリュイ トウキョウ(プリュイ)
イヤリング¥9900/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) リング¥10450/ココシュニック ネックレス¥26400/プリュイ トウキョウ
イヤリング¥24200/アルティーダ ウード
カチューシャ¥6930/シャポード オー 東急プラザ銀座店(シャポード オー) イヤカフ¥2640/ロードス(オギー)

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン