Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【顔タイプ別・似合うブラウス診断】〈ハンサム×華やか〉タイプはハリ素材や引き算カラーでほどよい甘さをキープ

着るだけで華やかさを盛れるブラウス。自分の顔立ちにフィットする甘さを見極めるポイントを顔タイプ別にレクチャー! 「ハンサム×華やか」顔タイプはハリ素材やアースカラーを選ぶと調度いい甘さに。

引き締まった女らしさで凜々しく

《Point1》顔立ちに負けないハリ素材がベスト

華やかで強さのある顔としっかり立体感が生まれるハリ素材の相性は抜群。甘さもほどよくクールダウンされる。

ハリ感ボリュームスリーブブラウス

《ハリ感ボリュームスリーブ》
パリッと清潔感のあるタイプライター素材のブラウスは、美フォルムがキープされて印象の強い顔にも負けない上、ボリュームスリーブがクールに転んでキレのある女らしさが手に入る。甘さは袖に一任し、首もとはハンサムなバンドカラー、色はクールなブルーというのも好バランス。ブラウス¥37400/ボウルズ(ハイク) パンツ¥53900・ジャケット¥71500/エイトン青山(エイトン) バッグ¥37400/ビームス ライツ 渋谷(ヤングアンドオルセン×ビームス ライツ) メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) 

これもOK!

これもOK!
地厚でしっかりハリのある素材が、体を包み込むシルエットの要。袖口のボタンがアクセント。¥64900/サードマガジン(ブロッサム)

《Point2》シャープな顔にマッチする引き算カラーを

辛口フェイスに糖度高めな色はハードル高し。落ち着いたベージュやネイビーをはじめ、アースカラーも◎。

なじみベージュカラーのブラウス

《なじみベージュ》
色選びの秘訣は、顔なじみのいいトーンを選ぶこと。特におすすめのダスティなベージュカラーは、インパクトのあるあでやかな顔にソフトフォーカスをかけるような効果が。やわらかな印象が加速して、エアリーな袖コンブラウスもムリなく自然体で楽しめる。ボトムや小物までワントーンで仕上げれば完璧。ブラウス¥46200/ハーヴェル スタジオ(ハーヴェル) パンツ¥14300/ビームス ライツ 渋谷(ビームス ライツ) バッグ¥30800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) ピアス¥212300/マリハ

これもOK!

これもOK!
ところどころにシャーリングを配した個性派こそ、ネイビーでスマートに攻略したい。¥18700/カデュネ プレスルーム(カデュネ)

《Point3》顔の真下にくるフリルやリボンを避け微糖に

主張強めな華やか顔の真下にくる甘ディテールは、悪目立ちする危険大。袖や肩、裾ならトライしてよし!

ランタンスリーブブラウス

《ランタンスリーブ》
顔から少し離れた袖コンシャスなら盛り加減もちょうどよく、ドラマチックな女らしさを気負わず味わえる。ふんわり丸みのある袖が、この顔立ち特有の直線的なフェイスラインの強さを和らげ、しなやかな女性らしさへ。ブラウス¥19800/カデュネ プレスルーム(カデュネ) スカート¥18700/ステュディオス ウィメンズ 表参道店(シティ) バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 時計¥132000/フレデリック・コンスタント相談室(フレデリック・コンスタント) ネックレス¥52800/マリハ

これもOK!

これもOK!
顔下に装飾がなく袖の下側だけふくらむさりげなさがいい。華やか顔をヘルシーに見せるストライプも理想的。¥24200/エレ ストリオフ

この服は苦手かも

まるで舞台衣装!?ボウタイブラウス

ボウタイブラウスは苦手かも

それでも着たい人は…
キリッとした顔がより凜々しく見えるおそれありのボウタイは、首もとがあいた落ち感素材を選んで柔和にシフト。ボウタイはリボン結びはせず、ゆるっとたらすくらいがちょうどいい塩梅。

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人) 魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 イラスト/二階堂ちはる 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 構成/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン