Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【顔タイプ別・似合うブラウス診断】〈ハンサム×涼やか〉タイプは柄や光沢素材できれいめを目指して

着るだけで華やかさを盛れるブラウス。自分の顔立ちにフィットする甘さを見極めるポイントを顔タイプ別にレクチャー! 「ハンサム×涼やか」顔の人は柄物や光沢素材などのきれい系デザインがおすすめ。

可愛さより洗練された“きれい”を目指して

《Point1》すっきり顔を盛り上げる旬柄に頼る

さっぱりとした顔にサクッと今どき感と華やかさをくれるのがドットやフローラル、チェックなどの柄。控えめな配色がマスト。

モノトーンドット柄ブラウス

《モノトーンドット柄》
モダンさのある白地に黒のピンドットが、浮かずに華やぐベストアンサー。可愛げな柄をあくまできれいな印象に引き寄せるためにも、襟つきデザインを第1ボタンまで留めた少しカチッとした着こなしを意識して。ボトムもカラーレスが正解。ブラウス¥85800/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) スカート¥52800/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町(マディソンブルー) バッグ¥37400/エストネーション(メアリーオルターナ) イヤカフ¥16500/ボウルズ(ハイク) 

これもOK!

これもOK!
黒ベースなら花柄も甘さ控えめ。シフォン素材でソフトな印象を底上げして。¥20900/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー)

《Point2》美女感が盛り上がる落ち感や光沢素材がベスト

ハリ素材だとシャープに傾きがち。とろみやツヤっぽさがあるものを選び、涼やか顔に女らしい印象を宿して。

サテン素材ブラウス

《サテン素材》
サテンならではの光沢としなやかさ、そしてドルマン仕立てなど、辛口フェイスに嫌みのない色気をプラスする要素が凝縮。オフホワイトが顔をパッと明るく照らして、表情にも華を。同系色のカーデを肩かけして緩急をつければ感度もアップ。ブラウス¥25300/インターリブ(サクラ) パンツ¥37400/オーラリー カーディガン¥34100/スローン バッグ¥49800/ヴァジックジャパン(ヴァジック) キャップ¥3740/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース)

これもOK!

これもOK!
デザインはシンプルでもトロンとした質感ひとつで女らしさ極まる。¥30800/ドローイング ナンバーズ 新宿店(ドローイング ナンバーズ)

《Point3》顔とチグハグしないミニマルな華デザインを

クールな顔立ちが浮かないよう、リボンやフリル、レースなど、あからさまな甘さは極力控えて。

ミニラウンドカラーブラウス

《ミニラウンドカラーブラウス》
なだらかなラウンドカラーを選べば、ハンサム涼やかフェイスの人も顔負けせずに旬の襟コンを楽しめる。襟とカフスにのみあしらわれたサテンのなにげないフェミニンさもお似合い。甘さ調節に足もとをカジュアルダウンするのもいいアイディア。ブラウス¥33000/サードマガジン パンツ¥17600/アンクレイヴ メガネ¥33000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥41800/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(オソイ) 靴¥37400/ティースクエア プレスルーム(デイト)

これもOK!

これもOK!
主張しすぎることなく、女らしさもよそゆき感もアップできるのがこのシアーブラウスの持ち味。¥41800/ブランドニュース(イン)

この服は苦手かも

下手すると伯爵に…フリルブラウス

フリルブラウスは苦手かも

それでも着たい人は…
しっかりめの骨格のハンサムな顔立ちが特徴なだけあって、大げさなフリルは伯爵のような迫力が出てしまう可能性大。そうならないためにも、首もとや袖口に“小さく”効かせるのがベストバランス。

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉(人) 魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/谷口 蘭 イラスト/二階堂ちはる 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 構成/岩鼻早苗〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン