Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【大人の最旬デニム講座】「センタープレスデニム」は仕事のときも使えるきちんと感!

働き方が変わり、シルエットや色、デザインに遊びが加わった“トレンドデニム”に注目が集まる今季。加藤かすみさん&伊藤真知さんのデニム達人コンビが大人が素敵に履けるコツを教えます。きちんと感がある「センタープレスデニム」はお仕事シーンでも活躍!

お仕事シーンでもカジュアル上手になれる【センタープレスデニム】

センタープレスデニムコーデの佐藤晴美

uncrave
後ろにもセンタープレスを施したり、フロントボタンを内側に隠したり、細部まできれい見えにこだわったインディゴデニムは、女性らしいブラウスとも相性抜群。爽やかなブルー系のワントーンに、小物も白やベージュでまとめた上品なカラーリング。切りっぱなしの裾がほどよいカジュアルさをもたらし、こなれたムードに見せてくれる。デニムパンツ¥16500・手に持ったコート¥39600/アンクレイヴ ブラウス¥42900/ebure GINZA SIX店(ebure) バッグ¥171600・靴¥108900/ジミー チュウ

アンクレイヴのデニム

デニムパンツ¥16500/アンクレイヴ

かすみ&真知のデニム談議

MACHI 働き方が変わり、最近は通勤服もだいぶゆるやかになったことで、お仕事にデニムを選ぶ人も増えてきたとか。はき慣れたスラックスのような美しい形なら、デニム素材も取り入れやすそうです。

KASUMI ダメージのないインディゴ色やセンタープレスも、きちんと感がありますよね。

MACHI でも実はよく見ると、裾が切りっぱなしだったりして。形がきれいめだから、ラフになりすぎなくていいのかも。

KASUMI そうですね。今季は切りっぱなしといってもさりげないものが多いし、お堅い印象も適度に和らぐのでいいですよ。「アンクレイヴ」のように今どきのオンスタイルが上手なブランドなら、さじ加減も絶妙だから挑戦しやすいはず!

フェミニン派のデニムLOVERコンビ!
加藤かすみ

スタイリスト

加藤かすみ


雑誌の表紙やファッション特集、広告なども幅広く手がける超人気スタイリスト。センスと理論に基づいたコーデ術にはファンも多数。

伊藤真知

エディター

伊藤真知


本誌をはじめ数多くの女性誌で活躍するファッションエディター。等身大で真似したくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも好評。

撮影/渡辺謙太郎(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/佐藤晴美 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン