1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. 婚活ブログ

「29歳、不動産・独身。マッチングアプリで、理想と現実のギャップが埋まりません」【マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #8】

「マッチングアプリの中のひと」として、YouTubeをはじめSNSで大活躍のとーまさんによる婚活相談。 恋に悩む女性の気持ちを受け入れ、男性心理を的確に分析すると大人気の連載、8回目の今回は「マッチングアプリをやってみたけど、理想と現実のギャップが埋まりません」と悩むsakiさんへ真摯にアドバイス! 

「29歳、独身。マッチングアプリで、理想と現実のギャップが埋まりません」【マッチングアプリの中のひと・とーまの婚活相談 #8】

「29歳、不動産会社勤務、独身。マッチングアプリで、理想と現実のギャップが埋まりません」

「29歳、不動産関係で働いているsakiです。

関東近郊で両親と祖母と同居していて、休日には祖母の世話もしています。以前つきあっていた彼はアメリカ人で、すごく素敵な人でした。3年つきあって26歳で別れてから、彼がいません。友達からも羨ましがられる彼だったので、今もちょっと未練があります。

私は友達も多いのですが、みんなの世話やき係みたいになってしまってコミュニティの中で恋愛対象になることがほぼありません。いずれ結婚したいし、実家暮らしということもあって出会いが少ないので、マッチングアプリをやってみました。

Aというアプリを使って1人と会いましたが、つきあうには至りませんでした。そのアプリはその場限りの出会いという感じもあって、なんとなくやめてしまいました。

そこで、結婚に本気な人が集まるBというアプリの無料プランに登録してみました。でも、いざやってみたら、あまりにも『結婚したい』という思いが強い人が多すぎて、好みの人もいなくて、ちょっと引いてしまったんです。

ちなみに、結婚相談所は最後の手段と思っています。カウンセラーのかたに、結婚相手の条件などを言ったら怒られそうで、ちょっとこわくて……。

ほかのアプリでも結婚相手を探していますが、マッチングアプリってイケメンで条件のいい人ばっかり出てきませんか? 理想と現実のギャップが埋まりません。」

29歳になると、考えることが増える。

29歳になると、考えることが増える。

sakiさん、相談ありがとうございます。29歳ならきっと僕と同い年ですね。連載が始まって初めての同い年の方で嬉しいです。

 

29歳になると友達が結婚したり、子どもを生んだり、周りからもいろいろ言われるようになったり、考えることが増えますよね。すごくわかります。

 

そんな中で、お仕事もしっかりとされていて、休日にはおばあ様のお世話もしているということで、すごいことだと思いました。

 

そんなしっかり者のsakiさんのお悩みを今回一緒に解決していきたいと思います。よろしくお願いします。

これから出会う人と元彼を比較しない。

これから出会う人と元彼を比較しない。

まず最初にsakiさんが結婚に向かっていくにあたり大事になってくることが2つあると思います。

 

1つ目が、これから出会う人と元彼を比較しないということです。

 

相談内容を読んでいると、元彼がすごくいい人だったようで今も多少未練があるとのこと。その状態だと、これから出会う人を無意識にでも比較してしまう可能性があります。

 

もちろん気持ちもわかります。ただ、考えている時間が圧倒的に多い元彼はすごく美化されています。元々いい彼にプラスして美化しているので、sakiさんの中で元彼が最強状態になってしまっているかもしれないです。

 

だから、元彼を美化していないか?という視点と、今の目の前の男性とちゃんと向き合っていくという意識を持っていて欲しいなと思います。

友達枠に入ってしまっては、恋愛に発展しない。

友達枠に入ってしまっては、恋愛に発展しない。

2つ目は世話をやかないということです。

 

お友達が多く、今のコミュニティでも世話やき係みたいになっているということで、それ自体は素晴らしいことだと思うんです。コミュニティにそういう方がいてくれることはすごく助かるし安心できます。

 

ただご自身でもおっしゃっているように、恋愛対象に自分からも相手からも見られなくなってしまいます。友達枠に入ってしまっては、恋愛に発展しないです。

 

この上記2つを意識していかないと、出会う人が全て元彼を超えないか、仲のいいお友達になってしまうので、ぜひ大切にしてください。

あとはもう出会うだけ。

あとはもう出会うだけ。

ここまでの基盤ができたら、あとはもう出会うだけです。

 

結婚相手を見つけるためには、ある程度の人数に会うことが必要になってきます。マッチングアプリを活用されているのは素晴らしいですが、いろんな条件を絞れるとはいえ、数人と会って理想の相手と出会えるかというと難しい部分もあります。

 

人って社会人になると仕事が忙しいことなどが相まって、少ない人数の中から結婚相手を探そうとする傾向が出てきます。

 

ただ冷静に考えて欲しいのが、いいなと思う男子って学校でも、クラスに1人いるか2人いるかくらいだったと思うんです

 

それでも1/15くらいじゃないですか。それくらいは会ってみないとなという感じで、心に余裕を持って見積もりしておくことをおすすめします。

sakiさんはお仕事もして、休みの日はおばあ様のお世話もしながらということで、お忙しいとは思いますが、時間を作って出会いにいって欲しいです。

 

自分の理想とする人を、自分で迎えにいく。

自分の理想とする人を、自分で迎えにいく。

それと、sakiさんがおっしゃっている「結婚相談所のカウンセラーさんに怒られるかもしれないと思う結婚相手の条件」というのも気になります(笑)。

 

どんな条件かはわかりませんが理想が高すぎてしまうと、そんな人いるのかな?となってしまいます。

 

まずは、自分がこれだけは譲れないというものを3つほどに絞ってみて欲しいです。

 

そこを軸にしつつ出会いの場に足を運んでいけば、自分の中で許せる点や、やっぱりこっちかなというのも出てきます。

 

それらを修正していきながら出会っていけばsakiさんの理想とする人には出会えると思います。

 

とにかくまずは出会わないと始まらないので、時間を作って自分の理想とする人を自分で迎えにいってください。応援しています。

 

また何かあればいつでも相談してください。今回はご相談ありがとうございました。

 

 

とーま

マッチングアプリの中のひと

とーま


1992年生まれ、大分県出身。国内最大級のマッチングアプリ「タップル」を運営する会社で働く会社員。1000人の男女にインタビューした経験やマッチングアプリの運営で培ったノウハウを生かし、男性心理を的確に分析したYouTubeチャンネルが大人気。登録者数は約4.7万人(2022年5月現在)。

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK