1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. 時計・ジュエリー

【お仕事服×パールの楽しみ方3】女っぽくorカッコよく?耳もとのパール+αでイメージ自在に!

上品な味つけに欠かせないおなじみのパールも、今シーズンはひとひねり加えた楽しみ方を。耳もとにパールを身につける日は、女らしく見せるならダイヤイヤカフを、カッコよく見せるならゴールドイヤカフを重ねてみて。

「パールイヤカフとダイヤイヤカフ 」

「パールイヤカフとダイヤイヤカフ 」

ツヤのあるパールをセンターに挟み込んだキャッチーなデザインのイヤカフは、デイリーにもぴったりな親しみやすいデザイン。より女らしく盛り上げるなら、ダイヤモンドを贅沢にあしらったイヤカフで可憐なきらめきを上乗せ。華やかで印象的な横顔をそっと引き寄せて。シングルイヤカフ(下)(アコヤ真珠×SV)¥25300・(上)(WGK18×DIA)¥132000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) シャツ¥23100/スタイリング/ ルミネ新宿1店(スタイリング/)

「ブラックパールとゴールドイヤカフ 」

「ブラックパールと ゴールドイヤカフ  」

カッコよさを求めるなら重厚感のあるシックなブラックパールがおすすめ。あえて左右でパールのサイズを変えてアシンメトリーに仕上げ、ミニマルなイヤカフで耳もとにボリュームを加えることでワンランク上の洒落感が実現。イエローゴールドはブラックの強さを中和する役割も。シングルピアス(大)(南洋グレーパール×K10YG×K18YG/P)¥12100・(小)(グレーアコヤパール×K10YG×K18YG/P)¥9900/アルティーダ ウード イヤカフ(SV925×K18YG/P)¥13200/マリハ

撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/池田メグミ モデル/森絵梨佳 取材・原文/野崎久実子 ※YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、DIA=ダイヤモンド、SV925=純度92.5%シルバー、SV=シルバー、Pt950=純度95%プラチナ、/P=プレーティングの略です  ※BAILA2022年6月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK