Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. 婚活・結婚式ルポ

【バイラーズカップルのふたり暮らしルポ3】ブラジルから東京まで。世界中を駆け巡るグローバルな二人が選んだ結婚スタイル

結婚5年以内のバイラーズカップル、安藤 唯さん恭弘さん夫妻を直撃! 二人の共通の趣味やお財布事情などリアルな結婚生活の裏側をレポートします。

安藤 唯さん(29歳・公認会計士)恭弘さん(30歳・会社員)夫妻

安藤 唯さん(29歳・公認会計士)恭弘さん(30歳・会社員)夫妻

結婚後、恭弘さんがブラジルへ赴任。2020年に帰国したタイミングで挙式をしたというお二人は、慌ただしくも充実した生活を送っている様子。この秋、恭弘さんはアメリカへ赴任が決まり、唯さんも10月から帯同することに。

結婚式のこだわりは?

Q 挙式はしましたか?

クラシカルなドレスが映える王道のチャペルで実現  

クラシカルなドレスが映える王道のチャペルで実現  
「バージンロードに憧れていたので、チャペルでの挙式は絶対条件。2019年にはスペインとポルトガルに新婚旅行へ。現地で前撮りをしたのもいい思い出」(安藤さん、以下同)

Q 最もこだわった部分は?

ブラジルのムードが伝わるようなドリンクやフォトコーナーを設置  

ブラジルのムードが伝わるようなドリンクやフォトコーナーを設置  
「新婚生活の始まりがブラジルだったため、どんな暮らしをしていたかわかるように、ブラジルをイメージしたウェルカムドリンクや現地で撮った写真を並べました。思っていた以上に好評で嬉しかったです」

ふたり暮らし、実際どう?

Q 結婚指輪を見せてください!

素材違いで選んだ「カルティエ」のリング  

素材違いで選んだ「カルティエ」のリング  
「私はゴールド、夫はプラチナをチョイス。私はこだわりが強いタイプなのでデザインは一緒に選びました。二人で食事に行く日やお仕事のときだけ身につけるようにしています」


Q 二人の共通の趣味は?

独身時代からお互い続けているダンス!  

独身時代からお互い続けているダンス!  
「ジャンルは異なりますが、私たちは学生時代からダンスをやっているという共通点が。夫と仲よくなったのは実は同じダンススクールに通っていたことがきっかけなんです。ブラジルに住んでいた頃は、二人でサンバを習っていました」

Q 共有しているアイテムは?

美容アイテムとユニセックスなリュック  

美容アイテムとユニセックスなリュック  
「夫は美容にも興味津々。香水はシェアしているものですが、私の美容液は知らぬ間に使われていることも。グレゴリーのリュックはもともと私が購入したものです。黒で使いやすいため気づいたら夫の使用頻度のほうが高めに」

Q お財布は分けていますか?

家賃は夫、光熱費は妻。それ以外は分けてきっちり折半 
「家賃と光熱費だけは分担を決めていますが、一緒にコンビニやランチに行っても別会計するぐらい、しっかりと折半。アメリカでは私はいったん専業主婦になりますが、落ち着いたらまた働く予定です」

Q 家事の分担は?

5(妻):5(夫)掃除と洗濯は担当を決めて日々の料理はフレキシブルに 
「洗濯やトイレ、洗面掃除は私、浴室の掃除やゴミ捨ては夫が担当しています。平日はお互い多忙な時期だと、料理どころではなくなるので、ミールキットを使用して、なるべく時短できるように配慮」

撮影/木村 敦 取材・文/野崎久実子 ※BAILA2023年1月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み