Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. レシピ・グルメ・お取り寄せ

【NEO和菓子1】フレンチシェフが作るモダンおはぎや高級フルーツが入ったどら焼きなど“むっちり”和菓子4選

風の時代”に突入した今、和菓子の世界でも既成のルールや概念を超える進化系が続々。おはぎやどら焼きなど、定番の和菓子がファンタジックな見た目で登場。

【むっちり】舌の味蕾に吸いつく甘い誘惑

【むっちり】舌の味蕾に吸いつく甘い誘惑

(右上から時計回り)

1.アトリエフジタのおはぎ
フレンチのシェフが作るモダンおはぎ。洋風素材と相性のよい白あんベースで、写真の“生姜とあんず”“サツマイモとコーヒー”のほか、“カレンツ”“ほうじ茶とレモン”など全6種。ライスプディングのような牛乳で炊くお米とよく合う。「リオレおはぎ6個セット」¥2700

DATA

東京都渋谷区西原3の4の3・2F
☎03(6416)8241
営11時〜16時
無休
https://atelier-fujita.com/

2.青果堂のもちもちどら焼き フルーツ つぶ餡
ニッポンが誇る“青果”と“製菓”の知恵と技を結集したブランド。大きめにカットした、今が旬の国産高級フルーツの魅力を引き立てるのは、ツヤツヤに輝く粒あん、後味のいい軽めの黒糖クリーム、潤いに満ちたやや薄めのモチモチ生地。「苺大粒」¥750〜¥840

DATA
(銀座青果堂)
東京都中央区銀座4の4の1
☎03(6263)0708
営11時〜21時
㊡12/30〜1/2
https://seikadou.jp/

3.洋菓子ぎをんさかいの生八つ橋 きゃらめりぃ
京都土産の定番品を、新たな視点で作り上げた“生八つ橋”。フィリングの主役は北海道産生クリームと砂糖で炊き上げたとろとろのほろ苦いキャラメル。コシヒカリを石うすで丁寧にひいたモチモチの生地の中で包んで。コーヒーとのペアリングも一興。10個入り¥799


DATA
京都府京都市東山区清水2の211
☎075(551)2077
営10時〜17時
不定休
https://www.otabe.kyoto.jp

4.かんたんなゆめ日本橋別邸の練り切り

季節を切り取り、白あんとつなぎで作る“練り切り”は、五感で味わう芸術品。平日の営業は夜という異色の和菓子店の名物が、2種のクリームチーズやレモンを効かせた「嬉々〜KIKI〜」(写真は福梅と寒牡丹)。やや小ぶりで、ワインとの相性もいい。3個セット¥1200(要予約)


DATA
東京都中央区日本橋室町1の6の7・3F
☎050-5362-1781
営18時〜23時 土・日13時〜17時
㊡月・火、不定休
※春頃移転予定あり。詳細はインスタグラム(@kantan.na.yume)で確認を

撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子 ※BAILA2023年2・3月合併号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み