Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Lifestyle
  3. Lifestyle

その不調はデジタルのせいかも!? あなたのデジタル依存度チェック

「デジタルデトックス」という言葉を聞いたことがありますか? スマホのおかげで何かと便利になった一方で、「退社後も会社からのメールをチェックしないと気が済まない」「日記をSNSにアップしなきゃ!」「ベッドでもネットサーフィンがやめられない」など、デジタル依存は増すばかり。しばらくスマホやインターネットのことを忘れてデジタルから距離を置くことを「デジタルデトックス」と呼び、アメリカの大企業なども推奨しているのだそう。
その不調はデジタルのせいかも!? あなたのデジタル依存度チェック_1
スマホで会社メールをチェックできたり便利になったのはいいけど、スマホがそばにないと落ち着かない!
では、実際にデジタル依存ってどんな影響があるのでしょう。デジタル依存について意外と知られていない事実を成城墨岡クリニックの墨岡孝先生が教えてくれました。

デジタル依存は「コミュニケーション上手」な女性がなりやすい!

まず、どんな人がデジタル依存になりやすいの? 墨岡孝先生によると「こまめにSNSをアップしたり、友達の投稿にコメントしたり。社会性があり、人とのつながりを大切にする女性はデジタル依存に陥りやすいですね。単なるツールなのに日常そのものととらえてしまうんです」。「デジタル断ち」することは「友達を見捨ててしまうことになりかねない」と思い、人とつながっているデジタルを手放せないのだそう。表だって意見を言うのが苦手、人に流されやすいタイプの人も要注意なのだとか。

依存が進むと脳神経細胞が死滅!?

ネットで常に情報をチェックしていないと不安。スマホを片時も手放せない。そんな状況までくると依存度はかなり高レベル。「手料理する時間を惜しみ、食事はスマホやPCをチェックしながら簡単に食べられるものになり、栄養のバランスも悪くなる。そして睡眠不足。そうなると自律神経が乱れ、便秘や下痢、頭痛、全身倦怠などの症状が出ることも。脳神経細胞が死滅し、物忘れがひどくなるという研究結果も」(墨岡先生)

では、あなたのデジタル依存度は?

その不調はデジタルのせいかも!? あなたのデジタル依存度チェック_2
「デジタルデトックス」には、スマホを忘れてゆっくりと読書する時間が有効!
●スマホの着信音は常にオン
●スマホのほかにネットにつながるツールを複数持ち歩いている
●その日のニュースはネットから得る
●満員電車でもスマホを握りしめている
●スマホの電源をオフにしたことがない
●スマホが時計代わり

以上のチェックの数×1・・・・・・・・・・・・・・・・A
●カバンの中に充電器はマスト
●毎日1回はSNSに投稿
●仕事中もつい、ネットサーフィンをしてしまう
●すべてのスケジュールはスマホで管理
●仕事中にSNSを見てしまう
●現実よりSNSのほうが友達が多い

以上のチェックの数×2・・・・・・・・・・・・・・・・B
●一日にスマホを見る回数は20回以上
●ベッドの中でもスマホを見てしまう
●いいね!されてるかどうか気になってしかたない
●ネットがつながらないと不安
●PCやスマホに向かって独り言を言う
●家族と食事中もスマホを見て会話が少ない

以上のチェックの数×3・・・・・・・・・・・・・・・・C
A+B+Cの合計点が
0~12点   依存度は低い
13~25点  依存度ややや高い
26~36点  依存度は高い
あなたのデジタル依存度は何点でしたか? では、依存度レベルにあわせてどんな風に「デジタルデトックス」をするのがいいのか、本誌1月号「年末こそデジタルデトックス」で詳しく説明しています!ぜひチェックしてみてくださいね!
撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/神戸春美 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/絵美里

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン