素材を活かす、"抜け感"を演出!【“もっといい自分”引き出す、ピロのメイク人生占い File①】

2017-09-08 21:00
  • アラサーになっても20代の頃に研究したままのメイクをついついしちゃってませんか?自己流メイクで陥りがちなBADポイントを、人気メイクアップアーティストのピロが的確に指摘。まずは、"メイク好き"が陥りがちな盛り込みメイクを、抜け感のある開運顏にチェンジ!
  • <File①> スーパーバイラーズ 木本 静さんの場合
    もともとメイク好きなうえ、アパレルのPRという立場柄、ついメイクをする手に気合が入りがち。
  • 【before】素材を生かすってなんですか?
  • ◇ ピロのお見立て ◇
    攻めすぎメイクという鎧で、自分の魅力まで隠してない? このへんで武装解除しないと、逃すものが大きいかも
  • 抜け感ゼロすぎて、自爆ぎみのメイクファイター
  • メイクを武器のように使いこなし、恋に仕事に戦闘態勢は万全。でも、美の戦士にも安らぎは必要! 自分の魅力まで覆い隠してチャンスを逃す、自爆美人になってない? 肌トラブルは、塗り込めるより色でカバー。眉毛のエッジをやわらかく、頰をカラーレスぎみにして抜け感を演出。ハイライトを面や線ではなく、点で入れると今どきのおしゃれ顔に仕上がります。
  • 【after】抜け感、出ましたね♡
  • いつものメイクのここをchange!!
  • 眉はパウダーでやさしく。チークはなじみ色、ハイライトはポイント塗りに。
    <使ったのはコレ>
    ナチュラルで立体的な眉をデザイン。ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4200/カネボウ化粧品

    赤みを補正するグリーン下地投入で、肌を軽量化。
    <使ったのはコレ>
    透けるグリーンが、厚みを出さずに赤みを補正。アンジェリックコンプレクションプライマー 04 SPF22・PA+++ 30g ¥4200/THREE

  • ただ盛るだけの戦闘態勢バッチリメイクは、気迫が強すぎて、本来の美しさ台無しに。 眉のエッジをコントロールして、盛り盛りチークもオフ。カラーは部分に抑えて、ハイライトを点で入れれば今どきの抜け感がある美人顔に。「ピロのメイク人生占い」ほか、アラサー女子の美容のお悩みを解決する「30歳美容」特集はBAILA9月号に掲載中。こちらもチェックを!
撮影/青柳理都子(人)、梅村 駿(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈ラ・ドンナ〉 取材・原文/長田杏奈
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up