STOP!老ける化粧品の塗り方【逆算女子のためのアンチエイジングBOOK③】

2018-03-07 21:00
  • 化粧品の塗り方ひとつでも「きれいになる」「老ける」それぞれにつながると知っていますか? 30代女性に必要な美の知識がぎゅっと詰まったBAILA3月号別冊付録「アンチエイジングBOOK」から、化粧品の塗り方NG例をお届けします。指南するのは日本で唯一のパーソナルフェイストレーナー木村祐介さん。意識せずについやっているその塗り方、もしかすると老け顔の原因かも。今すぐ見直しを!
  • 無意識は罪! 老ける化粧品の塗り方6大NG
  • 【NG!上下へのゴシゴシ塗り】
    ゴシゴシと上下への強い負荷は、摩擦などによる炎症やシワなどを引き起こすので御法度。

    【NG!なじまない過保護タッチ】
    やさーしく、やさーしくとピロピロとタッピング。スキンケアがきちんとなじまない!

    【NG!シワをつくるブルドーザー塗り】
    顔を引き上げようと指にお肉がのっている状態。目まわりのシワやたるみを引き起こす。

    【NG!自らシワをつくりながらケア】
    ギュッと目をつぶりながらのスキンケアも、目まわりや眉間にシワをつくるので要注意。

    【NG!ほうれい線をつくる内寄せ】
    内側へ寄せてしまうのも、たるみやシワの原因に。骨から肌とお肉をずらさないよう注意して。

    【NG!姿勢が悪い“ながら塗り”】
    姿勢が悪いままのケアは、たるんでゆるんだ肌に化粧品をのせることになるので絶対NG!

  • 教えてくれたのは
    パーソナルフェイストレーナー 木村祐介さん

    独自の小顔メソッドに有名人の顧客も多数。小顔術が詰まった著書も発売予定。
  • 木村さんによると、手の使い方や意識の違いで未来が変わるとのこと。スキンケアのつもりが老け顔の原因になっている…そんな悲劇を起こす前に、しっかり見直しを! BAILA3月号別冊付録「アンチエイジングBOOK」ではきれいになるための化粧品の正しい塗り方を詳しく解説。いつものスキンケアで若返りができちゃうなんて嬉しいですよね。ぜひお読みください!
撮影/山下みどり モデル/旦梨香子 取材・原文/谷口絵美
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords