【美脚への旅】“本当のストレッチ”は汗をかくほど効くって、知ってました?

2016-04-27 18:30
  • BAILA5月号で、太もも-2.3cm、ふくらはぎ-2.0cm、足首-1.0cmを果たした編集カゲモン。
  • しかし! 美脚への旅は、webでまだまだ続きます。

    目指すはオリヴィア・パレルモの、ほどよく引き締まった、ショートボトムが似合う脚♡
  • web第二回目は、本誌でも紹介した、
    「おうちでできる筋ストレッチ」の一部を、
    紹介します。

  • 最近、ストレッチ専門店が増えていたり、モデルさんでもストレッチを習慣にしていると公言している人がいたり、「ストレッチがダイエットにいいらいしい」ということは知っていました。
    でも、「学生時代、部活の後にやっていたあの痛気持ちいいくらいのストレッチで痩せるの? 筋トレや有酸素運動のほうがよっぽど効果あるよね?」と思ってたんです。

    が、今回習った筋ストレッチは、わたしが今まで知っていたストレッチとは全然違いました!
    スポーツ選手のドキュメンタリーで、屈強な男性アスリートが顔をしかめながら取り組んでいる、あっち系のハードっぷり。

  • 教えてくださった岩井隆彰先生曰く、「みんながストレッチだと思っているものでは、奥の筋肉まで伸ばせません!」とのこと。

    初めてトライしたときは、
    「いたっ!!! いたたたたたたっっ!!! 逆に脚痛めませんかこれ!」
    と絶叫。

  • 泣いてまうやろ・・・
  • 先生には「体、硬いね~!」と笑われました。が、しかし私、自分では体がやわらかいほうだと思ってたんです。
    開脚も普通に150度くらいは開くし、前屈で足の指つかめるし。
    でも、本当の体の柔らかさというのも、また違ったんですね…。

    2分間、静止してストレッチをするのですが、1分もしないうちに、取材時は2月だったというのに、じわ~っと汗が滲み出し…
    全6セット終える頃には脚がもつれてころびそうに。
    もう、「ドSストレッチ」と名づけたい。
  • が、その後なんと! 岩井先生の、電流で筋肉に刺激を与える30分程度の施術+6セットのストレッチを終えたあと、驚くほど脚が軽くなったんです。
  • たくまし~い体育会系な見た目に反して、実はとても疲れやすく、美術館に行ったら必ず3回は小休憩をはさまないと回りきれない私の脚が、びっくりするほど軽い!!
    このままストレッチを続けたら、憧れの疲れ知らずの脚になれるのでは・・・?と、脚痩せ以外の効果にも期待が高まる!
    その日の脚軽効果は、翌日には消えてしまいましたが、ストレッチを続けて10日後、またいきなり脚が軽くなりました。
    しかも、だんだんストレッチのときの痛みはなくなり、むしろ気持ちよく♪ 
    ドSストレッチの威力を実感しました。

    今回、カゲモンも実践したストレッチをひとつ紹介します!
  • すっきり脚軽♪ もも伸ばし

  • ①背筋を伸ばした状態で両膝をついたら、右ひざだけ90度に立てる。右足と左ひざが近づかないように注意。目線はまっすぐ前を。
  • ②左脚をお尻に近づけ、左手は足の甲を、右手は足の先をつかむ。両手で引き上げもも前の伸びを感じながら1分キープ。反対側も同様に。
  • 太ももの前がきゅいーんと伸び、よく歩いた日なんて特に効きますよ~!

    もっと他のストレッチも知りたい!という人は、5月号、もしくは岩井先生の書籍をチェック!!
  • 『体の硬い人によく効く! 筋ストレッチ』 学研パブリッシング 1300円
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords