神崎さんが考える「大人の可愛げ」ってこういうこと!【神崎恵の美格言】

2017-02-17 10:30
  • "カワイイ"と"キレイ"を日々追究し続けている二人のカリスマ、 美容家の神崎恵さんとヘア&メイクのイガリシノブさん。BAILA3月号では「大人の可愛げ」をテーマに二人の共演が実現!。今回は神崎さんの考える「大人の可愛げ」を引き出す方法を、ご本人のお言葉とともにチラ見せ♡
  • 大人になるほど難しい。でも好きな人に合わせる心を持つ
  • 「女モテ、男モテ。両方欲しいけど、やっぱり好きな人に可愛いなと思ってもらうことって大事。言いなりになるのではなく、自分のこだわりを持ちつつ、相手の好みに寄り添うことは大人だからできること。”あなたに可愛く思ってもらいたい”っていう気持ちって、それだけでもう可愛らしいですよね」(神崎さん)
  • ピンクのコスメや、 やわらかい服の力を借りる
  • 「可愛いピンクはもう似合わないと思い込み、自分にブレーキを かけている人も多いのではないでしょうか。ピンクのコスメには、 血色をプラスするというメイク効果だけでなく、自然と気持ちをやわらげたり、かたくなになった心をほぐす力があるんです。 ピンクのパワーを借りて、常に"やわらかく、可愛く"ありたいもの」(神崎さん)
  • (右から)
    ディテールを女にする質感。むっちりと濃密なのに透ける仕上がりに余裕と色気を感じさせる。ヴォリュプテ テ ィントインバーム 3 ¥4300/イヴ・サン ローラン・ボーテ

    凜々しさとほのかに 感じる甘み。大人の女だけが持てる可愛 げを引き出す。ルージュ ココ シャイン 132 ¥3900/シャネル(2月24日発売)

    作り物ではない血色感。大人だからこそのまろみとぬくもりを感じさせ、イタくならない可愛さを演出。キッカ フローレ スグロウ フラッシュブラッシュ 02 ¥6000(セット価格)/カネボウ化粧品
  • 見えるもの=外見は変わっていく。だからこそ"透明感"と"清潔感"を大切に
  • 「生きていると、肌の透明感も気持ちの透明感も失われていく。 誰もが失っていくものだから、みんなが憧れるし、ぐっと惹かれるものなんです。だからこそ、透明感や清潔感は大人になるほど手放してはいけない。この二つがもたらす品があれば、大人の"可愛げ"も浮かずにフィットするはず」(神崎さん)
  • 本誌では神崎さんの「大人の可愛げ」格言をさらにディープにご紹介! その全貌は発売中のBAILA3月号をチェック!
  • 神崎さんの美の格言が盛りだくさんなBAILA3月号!
撮影/今城 純〈D-CORD〉 ヘア&メイク/津村佳奈〈Un ami〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/神崎 恵 原文/鬼木朋子 文/前野さちこ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up