ヴァンクリーフ&アーペルのファンタジックな世界

2016-04-21 21:00
  • そもそも子供の頃からピンクの服よりイエローやブルーの服を着せられてたし、可愛いよりはカッコいい系。服も食も甘いより辛口好き。フリルやレースよりユニセックスな服が多い。そんなキャラの自分にも可愛いもの好きな心があるんだと教えてくれたのが、実はヴァンクリーフ&アーペルでした。なんでかな、と考えて気がついたのが、「ファンシーは嫌いだけどファンタジーは好き」ってこと。
  • このファンタジックな世界が、ヴァンクリならでは。
  • 先週、銀座7丁目から3丁目に移転オープンヴァンクリーフ&アーペルは、私好みのファンタジーに溢れるお店でした。アイテム自体にストーリーを感じるようなファンタジーがあって、見ているだけで心踊ります。
  • 銀座店のために作られたユニークピース、のどかな春のフェアリー
  • よくよく見てみると、可愛い妖精の細工は工芸品レベル。通常ダイヤモンドなど石を留める地金が見えるものですが、ヴァンクリーフ&アーペルのヴィトレイユ ミステリーセッティングという技法で、留め金が見えない! 裏から見ても見えないんですから、一体どうなっているのやら。羽根の部分やドレスの花の部分をよく見てみて! この素晴らしいブローチは、すでに売約済み。この日限りの展示で、翌日からは購入者の元に行ってしまうとのこと。もちろん、これ以外にも、素敵なものがたくさんあったのでご安心を。
  • レトロモダンなカーブを取り入れた店内
  • ちなみに、内観は和をテーマにしているそうで、そこここに木材が使われてました。どこにも角がなくカーブしているデザインで、レトロモダンなムードも。建築物としても一見の価値あり。(副編ナカディ)
ヴァンクリーフ&アーペル銀座店
東京都中央区銀座3-5-6 営業時間 11:30~20:00
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords