人気の切りっぱなしデニム、自分で切って作ってみた。

2016-05-07 21:00
  • 今年のデニムのトレンドキーワードのひとつが、切りっぱなし。街で素敵なモノもたくさん売っているけど、実はこう思ってました。自分んちの寝かせてるデニムも、裾を切ってみれば甦るんじゃないか、と。そこで、長らくクローゼット奥にしまい込んでいた、およそ5年前のブーツカットデニムを出してきて、セルフで切りっぱなしデニムにリメイクすることに。
  • こちらが、寝かせていた昔のブーツカット。
  • ちょっと、恥ずかしくなるくらいのブーツカットっですね。でも、今年はバギーと並んでブーツカットも戻ってきてるというから、これが使えれば、ちょうどよさそう。股上のやや浅さに昔っぽさが漂ってますが、腰まわりなんか隠してしまえばよいだろう、とおよそプロとは言えないマインドで、気にしないことにしました。かつては、厚底のサンダルやブーツに合わせて丈を長めにしていたので、今履くと裃状態になってしまう丈を詰めるのを兼ねて、およそ8センチほどカットすることにしました。
  • カット後がこちら。丈も短くなったので一見バギーに見えます。
  • 使用するハサミは布切りバサミがよいところですが、家になかったので、普通の紙切り用のものを使いました。ちょっと切りにくいし、やや曲がるけど、それも味、ということに。
  • 切りっぱなしの裾。
  • 切りたての裾は、ちょっと味気ないけど、履くに従って育ってくるはず。一回洗濯をしてもいいかもしれません。でも、それほど悪くない感じになりました。
  • くるぶし丈にしてみました。
  • かつては裾が地面に付くか付かないかくらいの丈でしたが、今回は、やや短めのくるぶし丈に。フラット靴とも合わせやすくなりました。
  • すそ幅はまあまあ広めです。
  • 前から見ると、こんな感じです。合わせる靴によって、丈感を検討してもよいかもしれませんね。パンプスに合わせるなら、もう少し短くてもよさそう。切るまでは上手くいくか心配でしたが、切ってしまえば、意外とそれなりに見えるので簡単! 出番のないデニムもカットすれは、また使えるかもしれませんよ。(副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords