桐谷美玲がナビ♡ 今すぐ手に入れたい【憧れブランドバッグ】6選

2017-10-14 10:00
  • グッと冷え込む日が続き、いよいよ冬支度を意識するシーズンがやってきました。暗くなりがちな冬の装いには、ぜひ素敵なバッグでアクセントを加えてみて! BAILA世代のカバーモデル、桐谷美玲がチャーミングなスタイルでナビゲートするハイブランドの新作バッグがおすすめです。あなたのお気に入りはどれ?
  • バッグ(14.5×21×6.5)¥192000・靴¥125000/ジミー チュウ 
  • 【ジミー チュウ/フェミニンでパワフル。フォーマルベルベットをワードローブに】
    ダスティピンクのベルベット素材が大人の甘さを誘発するバッグ「ロケット プティ」。相反するようなチェーンストラップやサイドのスタッズがクールなコントラストの源。フォルムの美しさがきわだつパンプスの「マーヴェル」もまた、惜しげもない大ぶりのスワロフスキーがモードなラグジュアリーを謳歌。
  • 【クロエ/目指すのは気取らないエフォートレスな女性像】
    2017年の春夏コレクションでデビューするやいなやアイキャッチーなデザインに人気を博す「ナイル」。コロンと丸みを帯びたボディやクリーミーな色合いが柔和に映り、肩の力の抜けた女らしさをアピール。アクセサリー感覚で持てるマットゴールドのファセットブレスレットで、品のある華やぎ感もぐんと高まる。バッグ(ストラップつき)(16×19.5×6.5)¥167000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)

    【ステラ マッカートニー/発見! この秋冬、徹底マークしたいつやブラック】
    ブランドのアイコン的存在「ファラベラ」は、トレンドを牽引するベルベット素材を狙い目に。その独特のつややかさに呼応するように配されたのは、トーンをそろえたブラックチェーン。引き込まれるようなシックな女らしさを堪能したい。洋服では難しいつやっぽい黒も、小物なら気軽に取り入れられるはず。バッグ(15×17× 9)¥114000/ステラ マッカートニー ジャパン(ステラ マッカートニー)

    【コーチ/ほんのり漂う、ノスタルジックなウエスタンムード】
    人気が絶えない「イーディー 31」は、A4も収まるホーボー型でオフィスユースにも。今季はサイドにティーローズ柄がエンボスされ、ターンロックにはアンティークの銀細工のような加工が。上質なペプルレザーと大人っぽいローズカラーで、トレンドのフォークロアなマインドを洗練方向へシフト。(26×31×11)¥72000/コーチ・カスタマーサービス・ジャパン(コーチ)

    【マックスマーラ/思いのままにトランスフォーム。正統派なきれいを更新】
    リーフモチーフのハンドルやシリンダー部分は従来のDNAを受け継ぎ、さらに使いやすくアップデートした新作の「アニータ」。かっちりとしたボックスフォルムも、しなやかなカーフスエードの両サイドを開けば台形に変化。ストラップをつければクロスボディになりマンネリ知らず。(ストラップつき)(24×16×18)¥119000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)

    【マイケル・コース コレクション/ジェンダーレスなイットバッグが媚びない女らしさを運んでくる】
    コルシカ島で見かけたマーケットバッグをイメージソースに完成した「バンクロフト」。上質なヨーロピアンレザーやクラシックなトレインケースを思わせるロック型の留め具、バイカラーなど、都会的なアプローチがタイムレスな魅力を放つ。サイドスナップを使い形を変えることができ、多面的な顔ものぞく。(28×31×18)¥214000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル・コース コレクション)

  • いかがでしたか? 大好評発売中の最新号・11月号では、美玲が「絶対失敗しない、5年以上着られるコート」を着こなしてくれています♡ こちらもBAILA世代必見の内容となっていますのでぜひチェックを。また付録にはディーン&デルーカ カフェのトートバッグがついています。通勤のサブバッグに休日のメインバッグに活躍すること間違いなし! ぜひ、書店orコンビニでお手にとってご覧くださいね。
撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/中村未幸〈Lila〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/桐谷美玲 取材/榎本洋子 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up