カジュアル結婚式で好まれる“私らしい”ドレスアップ術【#30代のおよばれ服】

2018-05-25 10:00
  • ブライダルシーズン到来! 最近は、気の置けない仲間同士で、お気に入りのレストランやカフェ、リゾート地などでお祝いするカジュアルな結婚式スタイルが増えていますよね。フォーマルな式に比べて、ドレスアップの自由度も比較的高め! そこで今回は、読者モデル、スーパーバイラーズのリアルなおよばれスナップをご紹介。
  • フォトジェニック上手なバイラーズ4人のモテるおよばれスタイル
  • 【華やかプリントを着る(津野裕子さん/広告プランナー)】
    大手ECサイト「BUYMA」で見つけたワンピースはなんと¥4980とプチプラ! きれいなグリーンとレトロ柄が決め手に。「人とかぶらない柄ワンピを探すなら、海外ブランドを多く扱うECサイトがおすすめ! とくにスペインのものは素敵なプリントが豊富です。個性的な色&柄なので、Tストラップパンプスで女らしさを加えます」 

    【ワンピースを着ない(池谷優美さん/弁護士秘書)】
    定番ワンピースではなく、オールインワンでおよばれに参加する人が増えています! とくに上品見えするベージュは印象美人に直結! 「やわらかな印象を生かし、靴&バッグもワントーンで統一して親しみあふれるスタイルに。サイド寄せのヘアアレンジで華やぎを添えます」

    【普段も着回せる上品服をセットづかい(泉マリコさん/ジュエリーデザイナー)】
    気心の知れた友人たちと一緒に参加する2次会パーティには、セパレートのトップス&スカートで周囲と差をつけて。「上下別々だとカジュアルになりがちですが、レーストップスとドレープがきれいなフレイ アイディーのスカートでエレガントな装いに」 

    【誰ともかぶらないブランドを着る(金城華乃子さん/美容メーカー勤務)】
    肩みせデザインに開放感あふれるピンクのマキシ丈ドレスは、リゾート婚にぴったり!「おしゃれな先輩に教えてもらった」という香港発のブランド、Chicwishのものだそう。「写真映えするオフショルと、引いて撮っても素敵な裾の揺れ感がポイントです」

撮影/冨樫実和 ヘア&メイク/沼田真実〈ilumini.〉 取材/道端舞子 ※BAILA2018年6月号掲載 ※着用アイテムはすべて私物です
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords