なくなる前にチェックしたい秋新作が続々【今月のおしゃれニュース】

2018-10-24 17:00
  • 話題のブランドの最新作から、秋冬中活躍間違いなしのアウター、着回しに重宝するニットやスカートまでプロが気になる名品をお届け!
  • 【GEMINI】
    「デビュー前からチェックしていた新生。ウィム ガゼットの新ラインが素敵」 (編集マフユ)

    「ウィム ガゼット」から新ライン「ゲミニー」が誕生。トレンド感はありながらも、大人の余裕を感じさせるコレクションを展開。着心地のよさにもこだわりあり。「発色のいいニットもレオパード模様のスカートも、しなやかな素材感が上質。絶妙な色出しもさすが」。プルオーバー¥38000・ スカート¥32000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ゲミニー)

    【I Love Mr.Mittens】
    「ざっくりニットにひと目ぼれ。初のポップアップストアが楽しみ!」 (スタイリストM)

    バイラ世代に人気のセレクトショップ「ガリャルダガランテ」に、オーストラリア発ニットブランドが初登場。11月1日(木)〜29日(木)まで、ルミネ新宿店で、初のポップアップストアを開催。「手編みならではのやさしい風合いがたまらない。ショート丈も今どき」。カーディガン¥71000/ガリャルダガランテ ルミネ新宿店(アイ ラブ ミスター ミトンズ)

    【DESCENTE ALLTERRAIN】
    「カジュアルなダウンも旬の赤みブラウンが女らしくて好き」(編集マフユ)

    スポーツブランドならではのノウハウを凝縮し、防水、防風、透湿、保温性など、機能性の高さも秀逸な「デサントオルテライン」の水沢ダウン。「ビショップ」の注目すべき別注は、今年らしいカラーとフィット感を高めたシルエットで、より女らしく着られる一着。「着膨れしないスリムさがうれしい」。ダウン¥82000/ビショップ(デサントオルテライン)

    【HYKE】「Edition別注だから特別感も。進化系ダッフルが気になる!」 (ライターE)

    1940年代のロイヤルネイビーのダッフルコートからインスピレーションを得てデザインされたジャケット。人気セレクトショップ「エディション」がダブルフェイスの起毛素材で別注。「白ダッフルの甘いイメージを払拭したエッジィな雰囲気に惹かれます。ボリューム袖が可愛い」。ダッフルジャケット¥68000/エディション 表参道ヒルズ 店(ハイク)

    【Converse】
    「定番オールスターも秋冬らしいベルベット素材がすごく新鮮!」(スタイリストM)

    ベルベット素材、プラットフォ ームなど、フェミニンな要素を盛り込んだ秋冬の新作モデル。 軽く、柔らかなE.V.A.インソールで歩きやすさも魅力。「旬のベルベットがスニーカーにまで! シューレースも同素材なのがニクい。少し厚底なのでスタイルアップもできそうですね」。スニーカー¥7500/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

    【THE IRON×Maison IÉNA】
    「今季マストなチェックアウターは別注狙いで差をつけたい」 (ライターE)

    シルエットの美しさに定評のある「アイロン」に「メゾンイエナ」が別注したのが最旬ムード漂うチェック柄コート。光沢のある糸で上品に仕立て、限りなくシンプルなデザインがモダン。「落ち感のあるオーバーシルエットで、サラッと着るだけで今年らしさ満点。イエローのさし色も気分ど真ん中!」コート¥55000/メゾンイエナ(アイロン)

    【GIANNI CHIARINI】
    「イタリア発注目バッグブランド。銀座と表参道の路面店にも行ってみたい!」 (ライターE)

    メイド・イン・フィレンツェにこだわるコンテンポラリーなバッグブランド「ジャンニキアリーニ」。日本初上陸となる路面店が東京の銀座と表参道にオープンし、アイコンバッグ「ソフィア」も発売。「ミニマルなサイズとムーディな色展開に目移り」。バッグ「ソフィア」(18×17×12)各¥35000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/松野裕子 取材・原文/榎本洋子 ※( )内の数字は編集部で計測したサイズ(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です。※BAILA2018年11月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords