1. BAILA TOP
  2. HEALTH
  3. メンタルヘルス・人間関係

30代男女4人が男女間のすれ違いについて意見交換!【『トーキョーカモフラージュアワー』に学ぶ恋愛コミュニケーション】

大人同士のわかり合えなさを描いた大ヒット漫画『トーキョーカモフラージュアワー』。「このシチュエーションわかる!」「これは個人の見解の違いなのか?」と、大人だからこそ気になった、作品内の男女間のあれこれについて自由に意見交換! みんなで分かち合い、それぞれの感想を話し合ってみました。

30代男女4人で“読書会”してみました

渋谷さん(仮) 30歳・女性・独身(マスコミ関係)
品川さん(仮) 32歳・女性・独身(IT関係)
馬場さん(仮) 37歳・男性・既婚(デザイン関係)
上野さん(仮) 31歳・男性・独身(レジャー関係)

女のモヤモヤに、男の下心。私たちはこのすれ違いをどうやって埋めていく!?

品川 『トーキョーカモフラージュアワー』って、若い頃だったら相手に不満や思いをぶつけたり、軌道修正していたことも、黙ってのみ込むがゆえにすれ違う風景が多く描かれてて。まさに大人世代の恋愛模様だよなと。たとえば割り勘になったデートの後で、ぐるぐると思いを巡らすお話。さぞかしつまんないデートだったんだろうなあ~。

渋谷 !(笑) 間違いないよ。

品川 本当に楽しかったら、脳内にこんなモノローグ入らないよね(笑)。

渋谷 うん(笑)。あと私が震えたのは、その後相手の男が「昼間から会えば体目的だと思われない」と、計算しつつ次を誘う描写。本当にここまで確信犯?

上野 そうだね。女性への下心を誠実さでどう包むか、計算はするかも。ただしこの漫画の場合は、男も盛り上がらなかった感がある。だとしたら「自分は受け入れてもらえないのか」と思って、微妙な払い方をしたり、もうかなり露骨に誘ってしまえ、みたいな言動に落とし込んでいるヤツはいそう。そもそも大事にしたいと思える子だったら、割り勘はしない!

テンションの上がらないデートで我に返る瞬間

3巻p.8

テンションの上がらないデートで我に返る瞬間
¥8700の会計を割り勘した初デート。もしかして損してる!?と、相手の払いっぷりから人柄を値踏みしてしまう。婚活あるある!

渋谷 うわ~。それはしんどい本音だわ(笑)。あとSNS映えするクリームソーダを、女の子にたとえて“半分欲しいけど半分いらない”というエピソードも、え、男は半分食べたらおしまい? と、モヤモヤしちゃって。

上野 女性の場合は一人を所有したい欲求があるような気がするけど、男はできることなら複数所持がしたい。でも経済や社会状況がそれを許さないから、“美味しいところだけをいっぱい味見したい”みたいな思考になるのかも。この感覚は、性差なのかなあ。

品川 うーん。女性にもあるような? 私はこのキャラに賛成も共感もしないけど、「結婚」ってフィルターをかませたら、少し納得。結婚は“練習がない巨大プロジェクト”みたいな部分があるから。失敗しないように、より多くの人とつきあって決めたい=半分だけをいっぱい味わいたいって考える人もいそう。マッチングアプリのおかげで、出会える相手の数も増えたし。

上野・馬場 なるほどねえ。

いっぱい"味見"したい感覚は性差? それとも…

1巻p.46

いっぱい“味見”したい感覚は性差? それとも…
男は狙ってる子を落としたらゴールとなる生き物なのか!?複数の恋愛で味見をしたいのは女だって同じ?と、多方向に深掘りできるエピソード

渋谷 出会いでいえば、「もしよかったら」って誘いの言葉についての話も。これあるよね!って感じ。

品川 そう。同性には使わない表現。

馬場 相手にも色々と予定があるだろうし、断るときに負担にならないように気づかう言葉、と読んだけど。仕事でも使うし。もしかして、長年のパートナーがいる30代後半の僕は、出会いの機微に鈍くなってる?

上野 ビジネスはその感じで機能しますよね。恋愛だと自分を守りたい魔法の言葉かなと。「最初はそっち主導だったよね」的な、妙な上下関係ができたり、責任を負いたくないって。僕はこういう誘い方はしないけど。お互い同じくらいの熱量で恋を始めたいし。

渋谷・品川 まあ、そうだよね~。

上野 とはいえ、どのシーンの言葉や関係にも正解・不正解はないはず。

馬場 うん。その上で、人と人の間で、思いを伝え合うことの難しさや、大切さが描かれてる漫画かなと。

渋谷・品川・上野 わかる!

ふんわりしたお誘いフレーズ。真意はどこにある?

3巻p.65

ふんわりしたお誘いフレーズ。真意はどこにある?
恋愛が始まりそうな場面で使われる「もしよかったら」。やる気があるのかないのか。受け取るほうはひたすらモヤモヤするばかり!

BAILA的《気づき》

《1》会話で気持ちを伝えるのは恋愛関係でも大切なこと
大人になるほど言いたいことを我慢したり、逆に持論を展開するなど、恋愛も独りよがりになる。相手を大事にしたいなら、対話することを忘れずに

《2》「察してほしい」からは何も始まらない
コミュニケーションのすれ違いの原因が、“察して”という考え方。自分からは何も言わずに、相手から満足いく態度が出てくるとは思わないこと

《3》「わかり合えない」前提でもっと対話を深める
同じ性別だから、年齢が近いから、わかり合えると考えるのもすれ違いを生む。一人ずつ違う思いを持っているのを前提に、意見を交換し合う!

『トーキョーカモフラージュアワー』とは?

【STORY】
東京に住む大人の男女たちの人間模様を描いたオムニバスストーリー。無自覚な言動を繰り返す男子、心の中に思いをためがちな女子など、“あるある”な登場人物と、そのエピソードの細かさがリアル。Twitterで反響を呼び、一躍注目&人気作に!

『トーキョーカモフラージュアワー』

NEW!
『トーキョーカモフラージュアワー』
松本千秋/少年画報社 6巻
電子版販売 968円
6巻でも、東京を生きている男女の瞬間を切り取ったショートコミックがたっぷり。30代女性に刺さるシチュエーション&悶絶すること間違いなしの鋭いセリフも、ますます光る一冊に。

取材・原文/石井絵里 ※BAILA2023年4月号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK