「きれいな女子ほどサウナに通っている」とのウワサを追跡!

2016-07-17 08:30
  • 暑いんだけど、汗がジワリと出るだけで、なんだかすっきりしない。そんなとき、最近サウナにきれいな女子が続々と集まっているらしいとのウワサを耳にして、行ってみることに。サウナと言ってもおじさんの社交場に行くわけにもいかず、後楽園のスパラクーアへ。実際体験してみると、これが気持ちいいの何の。病みつきになりそうなんでございます。
  • 外気が気持ちいい天然温泉の露天風呂。
  • オフィスからそう遠くない場所に、こんな楽園があったとは。このスパ ラクーア、東京のど真ん中にありながら、天然温泉というのが、まずいいところ。お風呂コーナーはジェットバスや露天風呂など、ここだけでかなりの満足度が得られます。露天風呂では、東京にいるのを忘れてしまいそうな気分に。

    そしてもちろん、お目当てのサウナも充実。
  • 夜景を眺めながらゆったりできるヒーリングバーデの休憩コーナー。
  • Tシャツと短パンに着替えて階段を昇ると、そこはまさに楽園の入り口。 ヒーリングバーデのスペースが広がっています。温度や室内の雰囲気も様々なんですが、ウワサどおり、けっこうアラサー女子も多いみたい。リラックスしているカップルもいます。女子限定のサウナもあるのも嬉しいポイント。サウナと言っても低温なので、けっこう長居できちゃいます。
    サウナに飽きたら、プールサイドで飲み物を飲んだり、バカンス気分に。
  • 紅せい洞。多量の良性酸素、遠赤外線、天然イオンなどを放出する松鉱石を使った低温サウナ。
  • 幻想的な地底の遺跡をイメージした燈幻宮。ゲルマニウムのデトックス効果も期待できる。
  • ヒーリングバーデから階下に降りて、リラックススペースへ。女性専用の部屋もあってリクラインイングソファを確保できたら、テレビを観たり、雑誌を読んだり。このソファが気持ちよくって、ウトウトお昼寝。

    もう一日中だらだらできるんですよ。家でだらだらも大好きだけど、ちょっとバカンス気分を楽しみながらのダラダラは最高。何時間いても飽きません。

    もう一汗かきたくなって、流行っているとウワサのロウリュウを体験してみることに。

  • テレビも観られるリクラインニングソファで思わずウトウト。
  • このロウリュウは、お風呂ゾーンにあるオリーブスパ内で受けられます。時間が近づくと、続々と人が集まってきて、サウナ(こちらは高温)内は満員に。かなり人気らしく、リピーターも多い模様。顔にシートマスクをしている人や、コロコロローラーを持ち込んでいる強者もいます。時間になると、係の人が、サウナの石にハーブオイルを滴して、バスタオルでばっさばっさとあおぎます。それだけでも、香りがムオンと広がって気持ちいい〜。
    さらに、一人ずつに向けて扇いでいくわけですが、これが熱い! オイル成分を含んだ湯気がブワッと自分にかかるんですから、熱いわけです。扇いでもらった後には、それぞれ「ありがとうざいました」とお礼を述べるんですが、儀式めいていて、なんだか不思議な気分。このロウリュウ、サウナ効果が増幅されて、とにかく熱いんだけど、気持ちいい〜。体中の血液がドクドクと巡っているのが分かります。ちょっとしたランニングなんかより、よっぽどめぐりがよくなりそうです。
  • タオルであおいで熱風を起こすロウリュウ
  • 『ラピスクーナ』の骨洗いリンパマッサージのすっきり感はハンパなし!
  • このスパ ラクーア、マッサージやエステサロンも充実していて、ご褒美エステまでしちゃいました。いくつかある中で、「骨洗い」の言葉にひかれて『ラピスクーナ』へ。これがまた、もんでもらいたい部分を確実にグイっと。痛すぎず(ところどころ痛いけど)気持ちいいのです。あまりの気持ちよさに、ここでもウトウト。極楽極楽。終わった後には、脚のラインが最近の中では見たことがなかったくらい、すっきり。個人的ほっそり度はNo.1。

    ちなみに、食事スペースもあるしドリンクを手軽に頼むこともできるから、半日いても楽しめる! 今回は欲張りすぎてだったけど、お風呂とエステとか、お風呂とサウナ、最後にビール、とか分けて楽しむのも悪くなさそう。これまで知らなかったなんて、不覚! やるなスパ ラクーア。また来るぞ! 
    仕事帰りの月イチのご褒美にもオススメです。(副編ナカディ)
スパ ラクーア 
東京都文京区春日1-1-1 ラクーア ビル6F(フロント)
営業時間 11:00~翌朝9:00 
http://www.laqua.jp/spa
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords