実はこうも使える!付録を付録で終わらせないポーチ3段活用!

2017-03-16 15:30
  • マチと深さがあるので、かなり色々入る!「事務作業ポーチ」!
  • BAILA4月号の付録ポーチ、手前味噌ですが使いやすさに感動したので、コスメケースとして以外の、完全私流の使い方をちょこっと紹介させてください。
    まずは、事務作業ポーチ!の日。
    例えば、とってもニッチで個人的な話になるのですが、編集者の仕事の中には、ページ作成の予算管理やそのお支払い作業もあり。そんなときに使う電卓やらペンやら、とにかくこまごました「事務作業セット」をこの中にがばっとIN。これを持って、請求書とつくったページの束を持って、広いスペースに移動。請求書を広げて精算作業をしております。個人的にちょこっと走り書きに愛用している、おすもうさんのメモが最近のお気に入り文房具のひとつ。
    このポーチのいいところはふかふかで肉厚な素材。このメモ、台紙が薄くて柔らかいのですが、この肉厚ポーチなら、持ち運びの時に折れ曲がることもなくて嬉しい!ペンなどを気軽に入れておいても、汚れの気にならないブラックなところもいい。
  • これだけ入れても、まだゆとりアリ。「効率アップポーチ」の日
  • 仕事絡みでもうひとつ。これも便利なのですが、名づけて「効率アップポーチ」!
    TO DOリスト(本当によくちょっとしたメールの返事を忘れがち・・・なのでそういう細かいものも全て書くようにしています)と、名刺のミニファイルやノート。名刺のファイルはその週に出会った人の名刺をとりあえずここにIN。TO DOも思いついたらすぐに書く。
    そして、一週間が終わる前に、名刺は整理、TO DOは全部クリアに、それが難しくても進捗を把握!(汗)という使い方。
    とにかく忙しすぎて頭が回らないときも、やる事が溜まっているときも、「あれ?なんか忘れてる?」と思ったらこのポーチをのぞけば、今やっている業務の状況が分かる。本当は脳内で管理できたらよいのですが、ずぼらな私はこの方法。ポーチに入れることで、「とにかくこのポーチにやるべきことは入っている」という安心感と、「あれ?あのTO DOメモ、どこにやった?!」ってあわてなくていい。マチがしっかりあるのと、入れ口が広いので、実際にコレだけ入れてもまだスペースがあるんんです。
  • 乾燥と花粉が気になる日は「保湿しまくりポーチ!」に。
  • そして最後が、花粉と乾燥が気になるこの時期の「保湿しまくりポーチ」。
    この中で暮らしたいくらい、保湿アイテムを。ミストの化粧水はガラスのボトル。普段持ち運ぶのはあきらめて、もう一本別のものを使っていましたが、肉厚ポーチのおかげで割れる心配もなく安心して持ち運べます。リップバームやクリーム、ネイルオイル、ティーバッグも入れて。さらっとしている生地のおかげで、オイルが多少ついたとしてもべたついたりしないんです。

    シンプルなデザインでありながら、優秀なポーチは、使い方自在!ポーチや仕切りなど、無駄な要素がないことで、使い方を限定しないところがお気に入りです。
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up