人生初の「黒い下着」を買ってみた

2016-03-12 12:00
  • 箱も可愛いMAISON CLOSEのランジェリー
  • 最近、どうにも女らしさが低下中…と思っていたのですが、ある朝ふと気付いたんです。

    この色あせたカップブラつきキャミ、もう何年着ているんだろう?と。
    よく見たら糸がほつれたところもあったりして。
    そりゃ、いくらおしゃれを頑張ったって、下がこれじゃ、女らしさなんか出てくるはずもなし。

    という訳で、「まずは下着から女らしくなろう!」と一念発起。
    買ってみたのはフランスのランジェリーブランド「MAISON CLOSE」の黒いレースのノンパテッドブラです。
  • まずは休日カジュアル着からトライ!
  • 海外ランジェリーって、かなりセクシー系が多いイメージだったのですが、
    ここはシンプルで繊細なものが多く、「これならいける!」と確信。

    人生初の黒おしゃれ下着&ノンパテッドブラ。

    気になるのはその実用性でございます。
    つけてみると、まずはそのラクさにびっくり。ワイヤー入りブラにはない、すごーく自由な感じ。そして肌あたりがなめらか。

    とはいえノンパテッド。
    トップスへの響きが気になるけど、例えばこんな週末カジュアル着なら、いけるかも。
    ちょい厚手のデニムシャツに、あえて黒い下着。

    少し胸元をあけて、レースを嫌味なくのぞかせる、なんて粋なテクもできそうです。
  • ボーダーと合わせてみてもよし
  • 大好きなセント・ジェームスのボーダーも、厚手生地だから透けなさそう。

    このブラのもう一つ素敵なところは、ストラップが「いかにも下着!」という感じの平たいストラップじゃないこと。丸みがあるストリングで、それだけですごく女っぽいんです。

    セント・ジェームスのボートネックって、意外と空いているので、いつもなんとなく、気になってしまっていて。

    まずは休日カジュアルから、女らしさを高める練習(?)をしてみようと思います!
    実は他にも何枚か買ってみたのですが、それはまた別の機会に、ご報告いたしますね♪

    ちなみに、今回、色々調べた末、farfetchという通販サイト経由で、フランス本社から発送してもらいました! サイトは日本語だし、なんとDHLで4日間くらいで届き、本当にビックリ…。送料別で、このブラは6000円くらいでした!

    いやはや、便利な世の中になったものです。(編集U)



  • 関連記事はこちら
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up