カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編

2017-05-20 07:15
  • スタイリスト辻直子さんがインスパイアされた京都の空間や色彩が満載の6月号京都ブック。使用した写真は、カメラマンがたくさん撮影したカットの中から厳選しましたが、本誌では掲載しきれなかった未公開カットも素敵なものばかり。一部お届けします!
  • カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-1
    カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-2
    カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-3
    カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-4
    カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-5
    カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-6
    カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-7
    カメラマンの心をとらえた京都の色彩と空間~未公開カット編_1_1-8

    花屋「みたて」での木箱のアレンジ。草花を細やかな手つきで木箱に埋めていく繊細な手仕事に感動!

    注目の若手陶芸家、村田匠也さんの工房にて。桃色釉薬の淡いブルーが美しいカップでお茶を出してくださいました。

    「PASS THE BATON」のジュエリーケース。ディスプレイの美しさに思わずため息!

    「PASS THE BATON」店内。和と洋がほどよくミックスされた空間。

    「高台寺 一念坂 金網つじ」のバスケット。独特で繊細な編み目に光があたるとキラキラきれい。

    昭和2年建築の市電の車庫兼事務所を改装した「Kaikado Cefe」。まさにレトロジェニックな空間!

    器ギャラリー「昴 KYOTO」には国内の陶芸家を中心に、ヨーロッパで買い付けたアンティーク商品も。

    カフェ、「さらさ西陣」はもともと旅館だった場所を改装。大正時代に作られた「マジョリカタイル」は一見の価値あり!

  • ぜひ、この別冊を片手に、初夏にかけての爽やかな京都を訪れてみてください!
撮影/秋山崇
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords