空と海と温泉が一体となる露天風呂。夏のお出かけ和歌山編①【関西のイケスポ】

2017-07-14 18:30
  • 岬そのものが宿という贅沢なロケーション
  • エントランス。
  • 有馬、城崎、と並ぶ関西三大温泉地の1つ、白浜。白良浜海水浴場やパンダがいる南紀白浜アドベンチャーワールドなど、ファミリーリゾート要素が強いものの、海の幸はおいしいし、絶景だらけだし、15種類以上もの源泉がある温泉はクオリティも高く、夏だろうがやっぱり最高!

    というわけで、イケスポ夏のお出かけ編はパンダと海水浴だけじゃない和歌山・南紀をご紹介します。第1回は、海が間近の混浴露天風呂が人気の宿。時間帯や天気、海の状態によって変わる景色を、温泉に癒やされながら楽しめます。

    絶景ポイントの1つ、地層のグラデーションが美しい千畳敷近くの岬、そこがまるごと宿という素晴らしい場所にあります。
  • 最も海に近い混浴露天風呂「浜千鳥の湯」。まさに絶景!
  • 文殊温泉、合気温泉という2種類の源泉を配し、大浴場、3つの貸し切り露天風呂、混浴露天風呂、とさまざまなスタイルで湯巡りができる。

    なかでも海岸に最も近い混浴露天風呂は、夏場は正面に夕日が落ち、夕焼けを見ながら入浴できるのもポイント。
  • 3つの貸切露天風呂も雰囲気がそれぞれ異なる
  • 部屋は全室オーシャンビュー。和洋室や露天風呂付き客室のほか、源泉かけ流しの露天風呂がついた離れも人気。
  • 別荘のような浜屋離れ。テラス奥には温泉の露天風呂も
  • お肉も魚介も、夕飯「海ほたる」の一例
  • 夕飯は、和歌山ならではの海と山の幸をはじめ、旬の素材を会席で。

    ちなみに秋冬は幻の高級魚とも言われる魚、クエのコースも人気です。

    そして夜には「夜鳴きそば」のサービスも!(無くなり次第終了)
  • こちらが夜鳴きそば。あっさりめで少量だからペロリといけます
  • 温泉といえばやっぱり浴衣!
  • 滞在中は、好きな浴衣を選べるのもお楽しみ。

    もしかするとすでに夏の予約は困難かもしれないけれど、温泉好き、絶景好きにはたまらないお宿ですよ。リピーターが多いのも納得です。
【浜千鳥の湯 海舟(かいしゅう)】
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1698-1 
☎0739(82)2220 
¥24500〜(2名1室利用の1人あたり、2食つき、税サ込)入湯税¥150が別途必要 
IN:15時~ OUT:11時  

取材/天見真里子 写真/コーダマサヒロ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords