男子も知っておいてほしいPMSや生理のあれこれ【“生理ちゃん”と考える生理とメンタル】

2019-05-10 18:00
  • 女性にしか起こらない「生理」の症状は、男性にはなかなか伝わらないものです。そこで今回は、25〜35歳のBAILA読者361人にアンケートを実施。ウェブメディアに登場以来、共感の嵐を巻き起こす異色キャラ“生理ちゃん”とともに生理&PMSを徹底研究!
  • 生理ちゃんとは…
    月イチでやってくる生理を擬人化し、大ヒットとなった“生理ちゃん”。嫌われながらも、女性たちにやさしく寄り添う姿に思わず笑い、ときにホロリ。『月刊コミックビーム』(KADOKAWA)にて連載中。年内には実写映画も公開予定。待望の新刊『生理ちゃん 2日目』は7月12日発売予定。


  • 生理に不安がある?
  • 生理に不安がある?
  • 「周期も量もマチマチ。私の子宮、大丈夫?」(33歳)、「最近、PMSなどつらさがさらに増した。体に異常が起きているのかも……」(31歳)など、多くの読者が不安を抱えていることが判明。みんなの不安を解消せねば!
  • PMSの症状が出ますか?

  • PMS
  • 「気分が落ち込み、誰とも会いたくなくなる」(29歳)、「ささいなことでいらだち、周りに当たってしまう」(32歳)、「生理前の強烈な眠気が悩み」(30歳)など、PMSと思われる症状に見舞われている人がなんと8割以上!
  • 生理ちゃん
  • 毎月やってきては私たちをドヨンとした気分にさせる 生理ちゃん。できれば会いたくない。でも、会わなければ困る。うっとうしくもなくてはならない生理ちゃんと上手につきあうには!?
  • PMSとは…
    生理前に心身の不調をもたらすPMS(月経前症候群)。その症状は生理の約1週間前、つまり排卵したあとのタイミング。生理終了後は気分も晴れやかなのに排卵を境に急降下。一体、なぜ?
  • 排卵後に症状が出始める!
  • 排卵後に症状が出始める!
  • PMSの不快感は、ホルモンの急激な増減に要因が
    排卵に向けて、卵巣にある卵胞がエストロゲンを分泌。排卵後、卵胞はエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンを分泌し、子宮内膜を厚くし、妊娠に備えて着床の準備を始める。この排卵を境にしたエストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に増減することがPMSの原因といわれている。

  • 女性ホルモン分泌量の変化
    女性ホルモン分泌量の変化
  • 気になる生理とPMSのお悩みについて、BAILA6月号では「“生理ちゃん”と考える生理とメンタル」として特集しています。読者のコメントや専門家の見解など読み応え充分。書店・コンビニで見かけたらお手にとってみてくださいね。
漫画/小山 健 監修/高尾美穂〈イーク表参道〉 取材・文/堀 朋子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords