Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Beauty
  3. 美容プロおすすめ

やっぱり【ランニング】が“きれい”に効く12の理由

スポーツの秋、到来です! みなさま、美容と健康のために、きちんと運動していますか!? 頭ではスポーツの重要性をじゅうぶん理解できていても、仕事やプライベートが忙しいと、余裕がなくなって、つい後回しになったりしますよね(=私のことだ)。そんなときは、いかにも楽しそうなイベントに自ら強制エントリーし、そこに向かってスケジュールやコンディションを全力で微調整するのが、かなり有効なんです。
そこで選んだのがラン&「RunGirl★Night Vol8」への参加。ウェアとシューズと道、そして「走ることで何かを達成したい!!!」というガッツさえあれば、ランニングはいつでもどこでも始められる! できる! と思ったからです。
BAILA編集部3名、走る女子の祭典「RunGirl★Night Vol8」に参加してきました♡
ひとりで参戦するのもなんだか味気ないので、東京マラソン参加歴があるとウワサの副編ナカディ、そして“小麦ボディ”を誇る年中ダイエッターの編集Mの二人を(半ば無理やり)誘って参加。晴天に恵まれたお台場はシンボルプロムナード公園「夢の広場」に意気揚々と出かけてみたのでした。
「RunGirl★Night」は、女子による女子のためのランニング・フェスティバル。そんなランが大好きなおしゃれ業界の女性たちが自ら企画・運営するユニークなコンセプトの大会で、今年で8回めを迎えます。
健康に、ダイエットに、アンチエイジングと、30歳美容®︎に絶大な効果があり、もはやすっかり国民的スポーツとして定着しているランニングですが、実際に自分でトライしてみて、長くみんなに愛される理由がわかってきました。今回は、その12の魅力をお伝えします。

RunGirl★Nightが教えてくれた、ランの魅力12

【目標となる“美しい人”と積極的に交流!】BAILAの姉妹誌MarisolやLEEで活躍するモデルの五明祐子さんは、なんとRunGirl★Night実行委員! ヘルシーな笑顔とキャラクターに間近で触れるだけでハッピーになっちゃいます♡
【ウワサの美女の筋肉美に見とれる】ラン前のウォーミングアップ・プログラムとして、クロスフィットトレーナーAYAさんの「AYA'S BootCamp for RG★N」を体験! 鍛え上げられた美しすぎるボディと、スパルタ運動に刺激される己の筋肉の動きに驚愕。
【日焼け止めヘアケアの重要性が学べる】肌だけでなく、髪や頭皮も紫外線のダメージを受けやすいので予防策は必須!「ルネ フルトレール」のブースでは、ラン前のUV対策やラン後のダメージケア、頭皮の火照り対策がいかに大事かを実感しました。
【“お祭り気分”を自ら盛り上げ、テンションを高めてみる】ユニクロブースでは、限定のボディ&フェイスペイントシールをペタペタ★ カラフルなロゴやマークをランコーデのアクセントとして楽しめました。
【“みんなで走る”ことの楽しさがわかる】個人スポーツですし、競技ですから、もちろん自分の限界に挑戦することも大切ですが、思い思いのおしゃれをして、仲間や志を同じくする人たちと一緒に走ることでより楽しめるんです!
【“多少辛くても笑顔でいる”ことの大切さを実感する】こちら、折り返し2.5㎞地点のナカディ&Mのラン風景。最も辛いタイミングにおいても、二人がものすごい笑顔を浮かべているのにお気づきですか? そう、みんなで励ましあいながら走るのは楽しいんです♡
【水分補給がカラダにいかに大切かを自覚する】ランニングを楽しく続けるために欠かせないのが、的確なタイミングでの適量な水分補給。とくに暑い季節のラン中は、喉が渇いた自覚があまりなくても積極的に臨むべし。可愛い笑顔とアクエリアスでパワー倍増!
【ポジティブな言葉に元気づけられる】コース内には↑こうしたポジティブワードを掲げたスタッフのみなさんがランナーに積極的に声をかけてくださり、前へと進み続ける励みになりました。前向きな言葉は幸せを引き寄せるんです。
【“ひとつのことを最後までやり遂げる”充実感を知る】自分で定めた目標に向かって、自分のペースで走り続け、ゴールを目指す。人生において何度も繰り返されるプロセスですが、いずれもゴールテープを切ったときの達成感と感激はひとしお!
【火照った肌をクールダウン! 上質なローションのありがたみを知る】ゴールしたばかりのランナーには、これまた美女がみんな大好き雪肌精を浸したコットンを手渡し! 日射しや汗で火照った体をやさしく冷やしてくれました♡
【「次はどのウェアを買おうかな♡」と楽しく妄想できる】アフターパーティでは、最新ラン&フィットネスウェアのファッションショーが行われました。次々に登場するスタイリッシュなコーディネートの数々に物欲も爆発! 「あれが着られるカラダになりたい!」なんて新たな目標もムクムクわいてきたりして。
【ランでチャリティに貢献する】イベントに参加することで社会貢献! ランナーのエントリーフィーのうち¥500と、会場で販売されたオフィシャルグッズの売上の一部を合わせて等分割し「NPO法人Japan Hair Donation & Charity」および「一般社団法人パラ陸上競技連盟」に寄付。
いかがでしたか? ランに興味を持たれた方は、自らさっそく始めるのもいいけれど、ぜひRunGirlの公式サイトをチェックしてみて。毎月の練習会など、RunGirlメンバーと一緒にランニングを楽しめる素敵なプランが盛りだくさんです。目標と仲間がいれば、あなたも三日坊主から卒業できるかもしれません!
取材・文/沖島麻美